ニュースレター第18号

ニュースレター第18号を発行いたしました。
どうぞご高覧下さい。

いずみニュースレター第18号
クリックすると拡大します(A4 16ページ)

みなさまのお祈り、ご支援ありがとうございます。
第18号感謝報告(2021年10月~2022年3月)

1月下旬、被ばくによる健康被害であるとして、10~20代、男女6名の甲状腺がん当事者が東京電力に対し損害賠償請求訴訟を提起しました。これをきっかけに、欧州委員会にあてた元首相5名の書簡内容➀に対し、環境省や福島県知事等が過剰反応を示し、抗議という大きな事態➁➂➃に発展しました。ところが、その後の元首相側の反論➅➆➇などに対し、これらの機関は沈黙しています。(以下、全て2022年)

元首相経験者5名による欧州委員会への書簡(1/27)

➁山口環境大臣からの抗議書面 福島県における放射線の健康影響について(2/1)

内堀雅雄福島県知事からの要請書(2/2)

福島県知事 定例記者会見(2/3・質問事項2)

これらの動きに対し、元首相5名サイドによる反論や質問が行われています
山口環境大臣への抗議書兼質問書(2/3)

内堀福島県知事への抗議書兼質問書(2/4)

すると、名前や部署すら記載されていない書面が届いたようです
環境省大臣官房 環境保健部 放射線健康管理担当参事官室からの応答(2/10)

環境省は「多くの子どもたちが甲状腺がんに苦しんでいる…」という文言の事情説明のため、急遽、駐日欧州連合大使に面会するなど奔走しているようですが、そもそもの抗議先関係者へは難癖つけただけで「科学的」論争の提起はなされませんでした。
福島県における放射線の健康影響について(環境省サイトより)

一方、内堀福島県知事に対し、甲状腺がん当事者や家族らのグループ「あじさいの会」は抗議・申入れしましたが、県からは応答すらありませんでした(3/15時点)
2月3日の定例記者会見への抗議と質問書提出(2/8・アワープラネットTV配信)

《参照サイト》
原自連公式サイト2月13日付投稿2月3日付投稿
311子ども甲状腺がん裁判弁護団による抗議声明(2/4)

原因究明をはじめ、甲状腺がん当事者にすら対話、向き合わない県や国(環境省等)、そして、東京電力。裁判という方法を選択せざるをえなかった若い原告6名や多数の甲状腺がん患者の想いに耳を傾けることが必要ではないでしょうか。

以下2つの裁判について、みなさまのご注目・ご支援をお願いいたします。

第一回(Se)

 

子ども脱被ばく裁判控訴審第3回口頭弁論期日 5/18(水)15時~

ニュースレター第17号

ニュースレター第17号を発行いたしました。
どうぞご高覧下さい。

No.17(final)
クリックすると拡大します(A4 16ページ)

コロナ禍においても変わらずご支援いただき誠にありがとうございます。
第17号感謝報告(2021年4月~2021年9月)

子ども脱被ばく裁判の控訴審が仙台高裁で始まりました。


「子ども脱被ばく裁判を支える会・東日本」撮影・提供(10/22 仙台市青葉区内にて)

公正な審議と判決を求める署名協力への呼びかけが行われています(控訴審判決まで継続)。みなさまのご協力をお願いいたします。

高裁第1次署名

子ども脱被ばく裁判の会公式サイト

《メディア・関連書籍販売物について》
【子ども脱被ばく裁判】控訴審・今野原告団長の意見陳述(ウネリウネラ)
子ども脱被ばく裁判 意見陳述集Ⅰ(ままれぼ出版局)
子ども脱被ばく裁判 意見陳述集Ⅱ(ままれぼ出版局)

ニュースレター第16号

ニュースレター第16号を発行しました。
どうぞご高覧下さい。

final
クリックすると拡大します(A4 16ページ)

この間(2020年12月~2021年3月)のご支援を誠にありがとうございます。
第16号感謝報告(A4 2ページ)

東京電力福島原発事故から10年。宮城県内で何が起きていたのか。また、放射能汚染下で子どもたちへの健康影響を見守るために、宮城県内の養育者や先生、市民運動がどのような取組みをしてきたのか。被害当事者である住民有志が主体となり、3.11みんなのきろく みやぎのきろくが刊行されました。今号4~6ページに発行関係者によるご寄稿を掲載しています。冊子をご希望の方は以下の方法でご注文ください。

みんなのきろく みやぎのきろく オーダーのご案内