心と体をリラックス!!第13回親子短期保養プログラム in 奄美

来春の保養プログラムのご案内です。今も核災害による苦しみを感じられている親子の方々に一時でもリフレッシュしていただけるようにと祈り、鹿児島県奄美大島での保養プログラムを企画いたしました。教会が主催しますが、このプログラムは開かれています。参加申込みをお待ちしております。

2016-03-28 16.01.12

「心と体をリラックス!!第13回親子短期保養プログラム in 奄美」

期 日:2019年 3月25日(月)~ 3月29日(金) 4泊5日

宿 泊 :鹿児島県奄美市内ホテル(2ヶ所)

参加費:1組につき15,000円

費 用:
プログラム中の食費や交通費、宿泊費などの経費は原則主催者が負担。参加費のほか、集合・解散地点(羽田空港)までの往復交通費、フリータイム時の食費・交通費などは各自ご負担をお願いします。

集合・解散地:羽田空港(東京都)

募集数:親子8組20名 (原則として小学生以上の子どもと保護者)

対象者:
2011年3月11日に発生した核災害(原発事故)による被災地域在住の親子、避難者親子

申込み方法:
プログラムや詳細等含め、ご案内を必ずご確認いただいた上、申込書(Excel)・申込書(pdf)に必要事項をご記入下さい。応募理由のご記入もどうぞお願いいたします。記入後は郵送・Fax・電子メール、いずれかの方法で「いずみ」(=下記連絡先)までご送付ください。ネット環境がない場合はお電話でのお申込みに対応いたします。

申込み締切:
2019年1月15日(火)17時締切り(必着)。ただし、申込み多数の場合は締切り期限にかかわらず、予告なく募集終了いたします。期限内の募集締切りは「いずみ」HP上でお知らせします。

参加者選考・決定:
先着順ではありません。(応募数が定員を超えた場合)原則として初めての参加者を優先しますが、定員に満たない場合はリピーターの方の応募も受付け・選考いたします。参加決定者の方には後日、必要なご連絡を差し上げます。航空券手配などを行いますので、確実に参加できる方のお申込みをお願いいたします(参加決定後のキャンセルはご遠慮ください)。

なお、応募受付のご連絡について、時間がかかるかもしれません。ご応募から3~4日経っても連絡がなかったり、ご心配な場合はお問い合わせ下さい。

お申込み・お問い合わせ先:
放射能問題支援対策室いずみ 親子短期保養係
〒980-0012 仙台市青葉区錦町1丁目13-6
☎/Fax 022-796-5272(電話は平日9~16時)
E-mail izumi@tohoku.uccj.jp

2016-03-29 10.31.47

主 催:放射能問題支援対策室いずみ・北日本宣教会議実行委員会
協 賛:九州教区東日本大震災対策小委員会、カトリック正義と平和仙台協議会

朗読劇「線量計が鳴る」仙台・アンコール上演

チラシおもて
クリックすると拡大します

脚本・演出・主演 中村敦夫さん
11月7日(水)に仙台市での第47回公演が実施され、大好評のうちに幕を下ろした朗読劇「線量計が鳴る」アンコール上演のご案内です。この公演についてもいずみやエマオなどで前売りチケットを取り扱っています(料金など詳しくはチラシをご覧下さい)。前売りが定員に達した場合、当日券はございません。どうぞお見逃しなく。

《朗読劇「線量計が鳴る」仙台公演》

日 時:2019年 1月11日(金)13:30~15:30(開場:13時予定)

会 場: 法運寺 本堂 (グーグルマップ)
仙台市営地下鉄東西線 連坊駅下車 西1出口すぐ・公共交通機関をご利用下さい。)

前売り券取扱い:いずみ、エマオ、法運寺ほか。こちらをご覧下さい。

予約方法:お電話でのご予約も可能です。下記連絡先へお申込みください。

主催・予約申込み・お問い合わせ
朗読劇「線量計が鳴る」仙台実行委員会
☎ 080-9639-2691(はっとり)