【開催報告とお礼】甲状腺検査 公開報告・交流会(5/18)

福島県と異なり、宮城県内では放射能に関する公的な健康調査が行われておりません。それでもなお、被ばくした子ども・住民への配慮から、甲状腺への影響を確認するエコー検査を実施している関係者がつどい、報告や交流会を行いました。

いずみは2018年度、594人が甲状腺エコー検査を受けられた等のご報告を行いました。

当日配布資料はこちら

会のご報告について、詳しくは以下2件をクリックください。
みやぎ脱原発・風の会会報「鳴り砂No.280」(10~11p)より
生活協同組合あいコープみやぎ機関紙「あいあいあいNo.160」(4p右上)より

参加者によるご感想はこちら

原発事故による放射線影響の可視化、検証を国や地方自治体が放棄し、福島県においても形骸化する現在、市民・住民が主体的に取組みを継続していくことの重要性が一層高まっています。様々な立場の方が協調して開催された会は大変貴重な時間となりました。ご来場・ご登壇いただいたみなさまには心よりお礼申し上げます。

これからも、忘却、あきらめ、無関心を踏み越えていく歩みへのご支援、ご指導をどうぞよろしくお願い申し上げます。

H2266
保科隆室長による開会あいさつ

第一部 報告、ゲスト・ドクタートーク
H2276
1.篠原弘典顧問による宮城県内の放射能汚染状況説明
2.服部賢治事務局長による2018年度検査結果報告
3.「NPO法人3・11甲状腺がん子ども基金」事務局長 脇ゆうりかさんによる活動報告
IMG_2285
4.山崎知行医師による評価
DSC05863
5.寺澤政彦医師による評価・詩の引用朗読

第二部 意見交換・交流会
1.子どもの健康を考える会・いしのまき 2.生活協同組合あいコープみやぎ 3.日本キリスト教団 名取教会 4.3.11後の健康を考える会(サクラソウの会) 5.放射能から子どもたちを守る栗原ネットワーク 6.かたつむりの会
IMG_2302

H2307

H2310

H2315

IMG_2321

IMG_2324

H2330

【保養】「京都やましろの家」ご案内

原発事故により京都府内に避難した方々を支援しているうつくしま☆ふくしまin 京都が空き家を改装して保養受入れ施設「京都やましろの家」をOPENしました。福島県内に限らず、原発事故による放射能影響があった地域にお住まいで保養を希望、また、避難された方々が休憩などのため、通年利用できます。

お部屋
外観A
                お部屋のようすと外観

詳細や申込み方法などはこちら(20190701)をご覧ください。

アクセスマップ
京都駅で近鉄京都線、奈良・天理・橿原神宮前・大和西大寺行き急行列車のいずれかにご乗車し、「新祝園(しんほうその)駅」までおいで下さい。京都駅からの所要時間は約30分で、約15~20分間隔で運行されています。
近鉄京都線時刻表(平日・土休日)

到着したら、併設のJR祝園駅、西口バス乗り場3番 から精華くるりんバス(町内巡回コミュニティバス)に乗車し「東畑」バス停で下車下さい。そこから徒歩すぐです。
祝園駅発バス時刻 7:47、9:40、11:00、13:13、14:31、16:48(20160401改正)

広く寄付を募り開設・運営され、2020年3月まで限定で交通費支援がございます(条件有り)。その他、ご利用にあたってご要望等ありましたらどうぞお知らせ下さい。

☆環 境
京都府南部の山城地区は宇治茶の産地です。
宇治田原町  ➁和束町
天空カフェ(和束町内の山のてっぺんにある貸切茶室・要利用申込み)
→③詳しくはこちら(和束茶カフェ)へ

夏休みや春休みなどの長期休み以外、大学などのオープンキャンパス時のご利用や、一番茶(初夏・八十八夜)や二番茶の季節、京都・奈良の紅葉の頃などゆっくりお過ごしされるのもいいかもしれません。おいしい伏見のお酒(伏見酒造組合)伏見酒の歴史(月桂冠)も捨てがたく、誘惑いっぱいわくわく京都へどうぞ。

いつでもどうぞご利用下さい。

お問い合わせ・申込み先:京都やましろ保養の家を守り育てる会
☎ 090-8232-1664(奥森さま) FAX 0774-21-1798
E-mail rentai@s3.dion.ne.jp