山崎先生による健康相談会 in 鳴子

フライヤー
クリックすると拡大します

相談費用無料
放射能や甲状腺に関すること。さらには、放射能に限定せず、震災後、子どもやご家族(自身)の様子がちょっと変わった、何か以前と違うけれどよくわからない、といった日常的に気になる心身変化(もしくは悪化)について山崎先生にご相談し、アドバイスをいただくことができます。プライバシーには配慮し、個別の相談会です。紅葉見学や温泉への入浴がてら、身体と心のメディカルチェックをしてみませんか?

「山崎先生による健康相談会 in 鳴子」
主 催:日本キリスト教団 鳴子教会 協 力:いずみ

日 時:11月15日(木)午後1時~5時

会 場:日本キリスト教団 鳴子教会(地図)
(陸羽東線 JR鳴子温泉駅から徒歩7~8分)

DSC01578
医 師:山崎知行(やまざきともゆき)先生

予約時間:午後1時~5時の間。1組30分・先着8名まで。
(事前のご予約をお願いいたします。)

〈予約・お問い合わせ先〉
日本キリスト教団 鳴子教会(こばやしさま)
0229(83)2025

このプログラムは大阪教区会津放射能情報センターのご協力を得て実施しています。

一日無料電話相談(3・11甲状腺がん子ども基金)

0001
クリックするとチラシが拡大します

『3・11甲状腺がん子ども基金』が一日無料電話相談を行います。甲状腺がんの方(ご家族)だけでなく、避難や移住者などを含め、被災地で健康に不安を抱いている方が対象です。必要な場合、医師が対応する電話相談をどうぞご利用ください。

「3・11」から時間が経っていても放射能汚染は存在し続け、事故原発の廃炉作業はいつ終わるのかメドすらついておりません。必要としている方に情報が行き届きますよう願っています。

一日無料電話相談(*^^)

【開催日時】2018年 9月16日(日)10:00~16:00

【電話番号】0120-966-544(無料通話)

【 内 容 】(おひとりにつき10分程度)
・甲状腺がんや甲状腺の病気について
・原発事故後に気になっている体調や病気について
・甲状腺検査について(のう胞、結節、検査の受け方など)
・手術後の体調について
・健康のことで心配なことや悩んでいること

【 協 力 】日本女医会東京都支部連合会
【 主 催 】NPO法人3・11甲状腺がん子ども基金
【お問い合わせ先(基金事務局)】
☎ 03-5369-6630  E-mail office@311kikin.org

こども甲状腺エコー検査&医療相談 in 柴田

20180713 おもて(第二版)20180713 うら(第二版)

エコー検査、医療(健康)相談とも無料・要予約♫♪
甲状腺エコー検査を希望するお子さんを募集します。リピーターのお子さんもどうぞ。エコー(超音波)検査は身体への害や痛みもなく、短時間の検査です。
今検査では山崎(やまざき)医師も参加します。検査や放射能に関すること、お子さまの健康についてご不安なことがありましたら医療相談を受けることができます(一組15分程度)。今さらこんなこと聞いていいのかしら、ということや、お話を聞いていただくだけでもおすすめです。ご遠慮なくご相談下さい。

《第54回甲状腺エコー検査 with Dr.やまざき》
主 催:日本キリスト教団東北教区放射能問題支援対策室いずみ
協 力:小石族とかたつむり(柴田町)

日 時:2018年9月15日) 10時~16時

会 場:しばたの郷土館・ふるさと文化伝承館 (地図)

検 診:今川篤子医師(東京勤労者医療会 あびこ診療所所長・千葉県)

DSC01578
メディカルカウンセリング(医療・健康相談サポート):
山崎知行医師(上岩出診療所内科・皮膚科・小児科・和歌山県)

対象者:5才以上~26才以下の方 (2011年3月11日の震災当時、18才以下の子ども)
定 員:先着45名
費 用:無 料
検査機器:GE社製LOGIQe
予約方法:検査や医療相談希望の保護者の方は下記連絡先へお申込みください。

予約お申込み・お問い合わせ
放射能問題支援対策室いずみ
☎ 022-796-5272(平日9時~17時)
E-mail izumi@tohoku.uccj.jp

茶話会と健康相談 in いしのまき

茶話会チラシ
クリックすると拡大します

原発事故があったのに、事故前と同じでいいの?
見えない放射能と向き合い、福島に通い続け、お母さんたちの
健康相談を続けてきたお医者さんのお話しを聞いてみませんか?

甲状腺検査について詳しく知りたい方のご参加も歓迎です。(^^)

会終了後、午後には健康相談を行います。放射能に限定せず、震災後、子どもの様子がちょっと変わった、何か以前と違うけれどよくわからない、といった日常的に気になる心身変化について山崎先生にご相談し、アドバイスをいただくことができます。茶話会だけのご参加、健康相談だけのご利用もOK。いずれも費用は無料です。

〇茶話会「3.11後の子どもと健康」
福島原発事故から7年~お母さんたちへの健康相談を
続けてきたお医者さんによる茶話会~

主催:子どもの健康を考える会・いしのまき 共催:いずみ

日 時:17日(木)午前10時30分~12時

会 場:石巻市中央公民館 3F第二講座室(地図・無料駐車場有)

2017-01-13 13.20.50DSC01578
参加医師:山崎知行(やまざきともゆき)さん
1984年和歌山県岩出市に上岩出診療所(内科・皮膚科・小児科)を開業。1986年のチェルノブイリ原発事故以降、医師の立場から放射線被ばく被害に注目、被災地を何度も訪問。現地住民や医師との出会いを重ね、学びを続けている。2011年の原発事故後は福島県や宮城県を定期的に訪問。放射能汚染による健康影響や、子どもの健康に不安を持つ保護者への健康相談を継続している。

〇健康相談(ご予約の連絡をお願いいたします。)
同日午後 同講座室にて 3組程度(1組30分程度)

◆罹患している病状について、放射能との関連や、基礎的な情報が欲しい方(セカンドオピニオンなど)、具体的症状をご相談したい方もどうぞ。

お子さんもご一緒にどうぞ。

〈お問い合わせ・健康相談予約連絡先〉
放射能問題支援対策室いずみ
022(796)5272  E-mail izumi@tohoku.uccj.jp

このプログラムは大阪教区会津放射能情報センターのご協力を得て実施しています。

山崎知行医師講演会のご案内

20180315 山崎知行医師講演会チラシ
クリックすると拡大します

福島第一原発事故から 7年を節目にして
山崎知行医師による講演会

原発事故は私たちにさまざまな不安をもたらしました。
特に、小さな子どもを抱えておられる保護者の方々はどこに相談したらよいのか、
どうなっているのか、そして、これからどうなって行くのか、
分からないことだらけです。
そのお一人お一人に、医師として、そして、長年チェルノブイリに
関わり続けておられる経験から語られるアドバイスは、優しさに溢れ、適切です。
未曽有の複合災害から 7年という節目に、山崎医師と膝を交えながら
「これまでのこと、これからのこと」をお聞きする貴重な機会です。
みなさまのお越しをお待ちしております。

日 時:3月15日(木)午後1時~3時

会 場:東北教区センター「エマオ」 3F大会議室(地図)
(公共交通機関のご利用をお願いいたします。仙台駅から徒歩約14分。)

参加費:無 料

2017-01-13 13.20.50
山崎知行(やまざきともゆき)さん-上岩出診療所 内科・皮膚科・小児科医師
1986年のチェルノブイリ原発事故後、4度現地を訪問。医師として学びを続けている。
震災後は2012年から福島県や宮城県を定期的に訪問。放射線防護について予防原則に立ち、不安を抱える親子への健康相談を継続している。

〈主催・お問い合わせ先〉
放射能問題支援対策室いずみ
022(796)5272  E-mail izumi@tohoku.uccj.jp

このプログラムは大阪教区会津放射能情報センターのご協力を得て実施しています。

ママのためのティー・サロン

大河原町『みんなの放射線測定室・てとてと』さんと共催するプログラムのご案内です。

日頃話しにくい放射能と健康とのこと、子育ての悩みや不安、気になる食べ物の安全性のこと、お話ししてみませんか?

プログラムには医師、放射能測定をしている詳しいスタッフも参加します。お茶をのみながらみんなでシェアしたり、ゆっくりお話しする中でモヤモヤ、コリコリした気持ちをときほぐしていきましょう。家族の健康はママ(パパ)元気から。

ママのためのティー・サロン in 柴田町
~放射能から安心してくらしていくために~

日時:1月18日(木)13時~15時

会場:しばたの郷土館 和室(地図)

参加費用は無料ですがご予約をお願いいたします。(子ども同伴可)

2017-01-13 13.20.50参加医師(写真)プロフィール:
山崎知行(やまざきともゆき)医師
上岩出診療所 内科・皮膚科・小児科

20180118 ティー・サロンチラシ

お問い合わせ・予約申込み:
放射能問題支援対策室いずみ
☎ 022-796-5272(平日9時~17時)
E-mail izumi@tohoku.uccj.jp

このプログラムは大阪教区会津放射能情報センターのご協力を得て実施しています。

ミニカフェトーク with Dr.やまさき

20170914 ミニカフェトーク
クリックすると拡大します

今さら聞けない(××)放射能のこと☢

『きほんのき』から知り、お話しを聞いたり、一緒にお話ししてみませんか?

チェルノブイリ事故後、被災地を何度も訪問し、生体への放射能影響を臨床的にずっと観察してこられ、今も学びを続けておられるお医者さんがイロハのイからお伝えします。甲状腺検査を受けたものの今後どうしたらいいのかよくわからない、また、甲状腺検査をうけた方がいいのかどうか、よくわからない方なども是非ご参加下さい(検査を受けたことがない方のご参加も歓迎)。参加費無料。

ミニカフェトーク with Dr.やまさき

日 時:9月14日(木)午前10時30分~12時

会 場:「いずみ談話室」(地図)

2017-01-13 13.20.50
話題提供:山崎知行(やまさきともゆき)さん
上岩出診療所 内科・皮膚科・小児科医師

震災から時間が経ち、放射能のことは話しづらいですね。自分だけかしら・・・。今さら遅いのでは・・・。フタをせず解き放し、ご安心してお話しできるよう配慮したいと願っています。ゆる~くお茶しましょう。

お子さんもご一緒にどうぞ。

◆罹患している病状について、放射能との関連や、基礎的な情報が欲しい方(セカンドオピニオンなど)、具体的症状をご相談したい方は医師との個別相談時間を設けることができます。(相談無料)

いずれも、小さな会場のため、事前にご連絡いただけましたら幸いです。

〈お問い合わせ・予約連絡先〉
放射能問題支援対策室いずみ
022(796)5272  E-mail izumi@tohoku.uccj.jp

このプログラムは大阪教区会津放射能情報センターのご協力を得て実施しています。

♪ 心解きほぐして ♫

山崎先生がお茶っこ会「ここから」に参加します。2017-01-13 13.20.50
山崎知行(やまさきともゆき)さん
上岩出診療所 内科・皮膚科・小児科医師

日時:7月14日(金)10時~12時

会 場:「エマオ」3F or 「いずみ談話室」(地図)

お茶っこ会「ここから」(参加費無料)
仙台食品放射能計測所「いのり」と放射能問題支援対策室「いずみ」が共催しています。
幼稚園や保育園、学校生活での悩みやストレス、ひきこもり、気になる食べ物の安全性、放射能影響について、また、宮城県内における放射性廃棄物焼却の話題などなど、震災から時間が経ち日頃話しにくいことを安心して話せて、ホッとできる場です。

今回は山崎先生がご参加されます(プロフィールはチラシをご覧下さい)。
一人で放射能と長く向き合い続けることは難しく感じますが、優しく、しかも専門的なサポートをしていただける信頼できる先生や他の参加者とのお話しなどを通して、心を(体重も?)軽くしてこの夏を過ごしていきましょう。

お子さんもご一緒にどうぞ。楽しく遊んで過ごせる環境を設けています。
お茶をのみながらゆったりおしゃべりしましょう。

罹患している病状についての基礎的な情報が欲しい方(セカンドオピニオンなど)、心配(具体的)な症状をご相談したい方は個別相談のお時間を設けることもできます。(相談無料)

いずれも、準備の都合上、事前にご連絡いただけましたら幸いです。

〈お問い合わせ・連絡先〉
仙台食品放射能計測所「いのり」
☎ 090(6681)1739  E-mail sendaiinori2012@gmail.com

お茶っこ会「ここから」
クリックすると拡大します

このプログラムは大阪教区と会津放射能情報センターのご協力を得て実施しています。

お茶っこ会「ここから」 with 山崎先生

山崎先生がお茶っこ会「ここから」に参加します。2017-01-13 13.20.50
山崎知行(やまさきともゆき)医師

日時:5月18日(木)10時~12時

会場:「エマオ」3F or 「いずみ談話室」 (地図)

お茶っこ会「ここから」(参加費無料)
仙台食品放射能計測所「いのり」と放射能問題支援対策室「いずみ」が共催しています。
幼稚園や保育園、学校生活での悩みやストレス、気になる食べ物の安全性、放射能影響について、また、宮城県内における放射性廃棄物焼却の話題などなど、震災から時間が経ち日頃話しにくいことを安心して話せて、ホッとできる場です。

今回は山崎先生がご参加されます(プロフィールはチラシをご覧下さい)。
お一人お一人のお話しを丁寧に受けとめられ、専門的なことでも優しくご説明して下さいます。お茶をのみながらゆったりおしゃべりしましょう。

お子さんもご一緒にどうぞ。楽しく遊んで過ごせる環境を設けています。

準備の都合上、事前にご連絡いただけましたら幸いです。

〈お問い合わせ・連絡先〉
仙台食品放射能計測所「いのり」
☎ 090(6681)1739  E-mail sendaiinori2012@gmail.com

20170518 お茶っこ会「ここから」
クリックすると拡大します

ミニ映画会と山崎知行医師を囲んでのお話し会

ドキュメンタリー「チェルノブイリ28年目の子どもたち」映画上映

予告篇(OurPlanet-TV 提供)
b
クリックするとチラシが拡大します

上映後、山崎知行(やまさきともゆき)医師による解説をいただきます。子どもたちや私たち自身のためにできることを一緒に考えてみましょう。

日 時:3月15日(水)10時~12時

場 所:放射能問題支援対策室いずみ 談話室(map)

上 映:チェルノブイリ28年目の子どもたち(OurPlanet-TV 2014年制作・43分)

お話し:山崎知行医師(和歌山県上岩出診療所 内科・皮膚科・小児科)

2017-01-13 13.20.50
山崎 知行(やまさきともゆき) 医師プロフィール
和歌山県上岩出診療所 内科・皮膚科・小児科
1986年のチェルノブイリ原発事故後、4度現地を訪問。医師の立場から、放射能汚染や生体への被ばく影響について学びを続けられています。震災後、2012年から福島県や宮城県を定期的に訪問。被ばく防護の原則に立ち、不安を抱える親子への健康相談を継続している。

参加費:200円(お茶・菓子代、介助者や子どもの参加は無料)

主 催:放射能問題支援対策室いずみ(担当:はっとり)
連絡先:☎ 022-796-5272(平日9時~17時)  E-mail izumi@tohoku.uccj.jp

参加人数把握・資料準備の都合上、事前にご連絡いただけましたら幸いです。託児はありませんが、お子さんとご一緒のご参加もどうぞ。

■個別相談について
会後、希望者の方には山崎医師との個別相談の時間を設けることができます(30分程度・無料)。放射能のこと、ご家族の健康についてご不安なことがありましたらご遠慮なくご連絡(要事前予約)下さい。リピーターの方も歓迎です。

このプログラムは大阪教区会津放射能情報センターのご協力をえて行われています。