甲状腺エコー検査 in しろいし

女の子を抱きしめる母親の水彩イラスト

甲状腺エコー検査を希望する方を募集します
☆検査費無料・要予約☆彡

甲状腺へのエコー(超音波)検査は痛みや害のない検査です。福島原発事故起因の放射能汚染による晩発的な健康影響を確認していただく機会としてご利用ください。
リピーター、保護者さま(付添者)の検査も承っています。年齢対象外のお子さまなど、ご希望の場合、気軽にご相談ください。

《第87回 甲状腺エコー検査 in しろいし》

日 時:6月25日)11時~15時30分

会 場:白石市ふれあいプラザ(白石市本町27・map

検 査:寺澤 政彦 医師(てらさわ小児科/仙台市)

対 象:震災当時18才以下の子ども優先(現在11才~31才)。付添い者可。
定 員:先着25名程度
費 用:無  料
検査機:GE社製LOGIQe

予 約:検査をご希望の保護者・ご本人の方は下記連絡先へお申込みください

主 催・予約申込み・お問い合わせ
放射能問題支援対策室いずみ
☎ 022ー796ー5272(平日10時~16時)
E-mail izumi@tohoku.uccj.jp

ご支援をご検討ください(国連人権理事会での原発事故避難者参加)

東京電力福島第一原発事故により避難を余儀なくされた避難者調査のため、昨年9月末から10月上旬にかけ、国連の国内避難民人権特別報告者、セシリア・ヒメネス・ダマリーさんが来日されました。この時の調査結果や評価をまとめた報告書が、本年6月から7月にかけて行われる国連⼈権理事会第53会期において発表されます。

昨年10月に発表された氏の予備的所見(日本語翻訳版)等において、「避難民は強制避難か自主避難かを問わず全員が国内避難民であり、支援や援助を受ける上での区別は取り除くべきである」と表明され、帰還を条件に支援格差を設けてはならないことも言及されています。

この会議に原発事故避難者が渡航、参加するためのカンパ(支援)が呼びかけられています。避難者の声を直接国際社会に届ける貴重な機会です。ご支援のご検討をよろしくお願い申し上げます。詳しくは下記資料や呼びかけ団体サイト等をご参照ください。

呼びかけ団体ブログ 同団体フェイスブック

*1.避難者間の支援格差是正を 国連特別報告者インタビュー

*2.避難者支援「継続すべきだ」 国連特別報告者、原発事故後の状況調査

*3.セシリア・ヒメネス=ダマリーさん 来日調査終了時の会見

*4.セシリア・ヒメネス=ダマリーさん 来日調査終了時の会見メモ・リポート

*1 2022年10月 共同通信による単独インタビュー
*2 朝日新聞デジタル 2022年10月10日
*3、4 いずれも日本記者クラブ(JNPC)提供

ニュースレター第20号

ニュースレター第20号を発行いたしました

2024年4月以降の『いずみ』活動継続を願い、今号では布田運営委員長による巻頭言をはじめ、喫緊の課題である汚染水海洋放出に関するコラム(ふながだの海)。そして、2022年度甲状腺検査活動や講演会報告等の構成(※)です。あわせて、みなさまからのご支援を感謝してご報告いたします。どうぞご高覧ください(画像をクリックすると拡大します)。

No.20(FF)

尊いご支援・献身的なお祈りにより、『いずみ』の土台が厚く支えられています
第20号感謝報告(2022年9月~2023年3月)

1986年4月26日未明発生のチェルノブイリ原発事故現場では石棺による放射性物質管理の暫定的処置が続く一方、福島原発事故では溶融核燃料の取り出しという、砂漠の蜃気楼のような「廃炉計画」なるものに沿って事故対応がなされてきました。福島県による調査では300名以上もの当時子どもだった方々が甲状腺がん(悪性疑い含む)に罹患し、今も、事故前より高い放射線被ばくに晒される日常が汚染地域では続いています。未だ故郷に戻れない避難者救済など、深刻な問題は‶解決″にはほど遠い状態です。にもかかわらず風化や関心の薄れが強くなってきています。次世代、さらなる次の世代へと引き継がなければならない課題が目の前に横たわっています。引き続きみなさまのご理解、ご支援を何卒よろしくお願いいたします。

以下についてもご参照、ご支援のご検討をお願いいたします。

これ以上海を汚すな!市民会議

ALPS処理汚染水に関する動画4本
(2022/4/19 環境NGO FoE Japan 提供)

女川原発再稼働差し止め訴訟原告団ニュース第12号

※ニュースレター15p下部の3)のURLやQRコードについて、現在は投稿者によってページが移動、もしくは削除されています。何卒ご了承願います。

甲状腺エコー検査 in しばた

甲状腺エコー検査を希望する方を募集します
☆検査費無料・要予約☆彡
甲状腺へのエコー(超音波)検査は痛みや害のない検査です。福島原発事故起因の放射能汚染による晩発的な健康影響を確認していただく機会としてご利用ください。
リピーター、保護者さま(付添者)の検査も承っています。年齢対象外のお子さまなど、ご希望の場合、気軽にご相談ください。

感染予防対策の概容は、こちらをご覧ください。ご来所の際にはみなさまのご理解・ご協力をどうかよろしくお願い申し上げます。

おもてうら

《第86回 甲状腺エコー検査 in しばた》

日 時:6月3日)10時~16時

会 場:しばたの郷土館(柴田町船岡西1丁目6ー26・map

検 査:寺澤 政彦 医師(てらさわ小児科/仙台市)

対 象:震災当時18才以下の子ども優先(現在11才~31才)。付添い者可。
定 員:先着40名程度
費 用:無  料
検査機:GE社製LOGIQe

予 約:検査をご希望の保護者・ご本人の方は下記連絡先へお申込みください

主 催・予約申込み・お問い合わせ
放射能問題支援対策室いずみ
☎ 022ー796ー5272(平日10時~16時)
E-mail izumi@tohoku.uccj.jp

今後の感染症予防対策について

2023年5月8日、新型コロナウィルスの感染症法上の位置付けが5類に移行されます。今後の検査会では感染対策を継続する一方、一部緩和いたします。概容については以下のとおりです。みなさまのご理解とご協力をお願い申し上げます。

➀会場の換気を十分に行って参ります。

➁検査当日、発熱や咳などの有症状の方はご来場をお控えください。(検温へのご協力をお願いいたします)

➂マスク着用については、感染者(無症状者)がウィルスなどの病原体を周囲に拡げず抑制できる効用が期待されます。おそれいりますが、‶会場内においては″マスク着用や咳エチケットへのご協力をお願いいたします。なお、2才以下の乳幼児はマスク着用は不要です。一方、事情がある方についてはご遠慮なくお申し出ください。

➃密を避けるため、引き続き、定員数を少なくしていきます。(止むをえず混みあった場合の入場制限へのご協力のお願い)

➄アルコール消毒(過敏症など事情がある方は遠慮なくお申し出ください)

GWの保養、まだ間に合います✨

ご案内していた「リフレッシュ@かながわ」の応募期間が延長されました。

応募締切りは4月12日(水)です。
それ以外の変更事項はございません(※)。GWはご家族での保養をどうぞ✨
詳細はこちらをご覧ください。

※申込用紙には締切り3/27と記載されていますが、お気にせずご利用ください。

 

GWはかながわへ行こう!(リフレッシュ@かながわ)

日本キリスト教団神奈川教区のみなさまからいただいたご案内です。(4/1追記あり)

5月GW中に開催される、家族保養プログラム「リフレッシュ@かながわ」参加者を募集中です。福島県外(例:宮城や栃木、茨城県など)の放射能汚染地からのご応募もOKです。放射能や健康に関して、期間中、牛山元美医師による健康相談(無料)も受けられます。ご家族でくつろいだひと時をどうぞお過ごしください。心も体もリフレッシュできるひとときとなりますように(*^^*)

♫「リフレッシュ@かながわ」♬

開催日:2023年5月3日(水)~5月5日(金)2泊3日

宿泊先(集合・解散地):「東横INN横浜スタジアム前Ⅱ」
横浜市中区山下町205-3 ☎045(664)1045【最寄駅 JR京浜東北・根岸線「関内駅」より徒歩5分

参加費:一家族につき 3,000円
(一部食費や往復交通費などは参加者負担。ただし交通費補助あり。)

募集数:被災地域在住、もしくは避難生活をされている12家族程度

お申込み:(詳細についてはご案内・申込書を必ずお読みください)
案内・申込書に必要事項をご記入の上、募集期間中に主催者へお申込みください。(3/27締切り・必着。希望者多数の場合、抽選。定員未了の場合のみ二次募集あり。)
応募締切り:4月12日(水)

主 催・お申込み・お問い合わせ先
日本キリスト教団神奈川教区 東日本大震災被災者支援実行委員会
FAX 045-431-0637(窓口:おがさわらさま)
E-mail kimikocean@gmail.com

追悼と平和への祈り2023

福島原発事故は続いています。核のない平和への歩みへと踏みだせるように。

12年目の3・11に寄せて(事務局長談話)


2023年2月1日 子ども脱被ばく裁判行政訴訟(仙台高裁)判決


2023年3月10日 いわき市民訴訟(仙台高裁)判決

日本キリスト教団東北教区放射能問題支援対策室いずみ 事務局長 服部賢治

痛みや苦しみをわかちあう(12年目の3・11)

銀座「教文館」でのチャリティー原画展が始まりました(3/12まで)。東京にお出かけの際はぜひお立ち寄りください。ミホプロジェクトによるチャリティーコンサート配信も受付中です。

おもて

放射線被ばくによる危険性を真正面から争っている「子ども脱被ばく裁判」原告団長・今野寿美雄さんの講演会です。15日には南相馬市にて元漁業者からの声をお聞きします。「いずみ」が協賛し、開催されます。

甲状腺がんに罹患した子どもや若年者をサポートしている「3・11甲状腺がん子ども基金」によるシンポジウムです。当事者の声をどうぞお聞きください。

参加申込みはこちら イベントページ

東北教区は3/11(土)に東日本大震災12年記念礼拝を行います。記念礼拝はオンライン・アーカイブ配信され、事後視聴も可能です。ともにお祈りくださいましたら幸いです。(申込み不要)

東電福島原発事故12年~チャリティーイベント

おもてうら

東日本大震災12年
ミホプロジェクト 祈りのコンサート「ひまわりの丘」
福島の子どもたちとともに

ミホプロジェクトによるチャリティーイベントのご案内です。東京都内(銀座)「教文館」での信木美穂さん詩画集『ひまわりの丘』原画展やチャリティー販売のほか、チャリティー通販やオンラインでのコンサート配信が企画されています。2/23には、チャリティー先の3団体が活動紹介を行うオンライントークイベントも行われます。武力による「解決」のため、核による脅威に世界中が直面している今、未だ放射能で汚染された地域で生きることを強いられる人々や、支援活動を覚え、ご参加いただけましたら幸いです。

チャリティーコンサート オンライン配信 3月11日(土)~31日(金)24:00

チャリティー原画展 3月1日(水)~12日(日)in Tokyo 「教文館」

チャリティー通販 3月1日(水)~15日(水)通販グッズ注文書

オンライン配信(コンサート)等、収益の寄付先は以下3団体です。
東北教区放射能問題支援対策室いずみ
甲状腺がん支援グループ あじさいの会
福島県の児童養護施設の子どもの健康を考える会

2月23日(木・祝)には寄付先の3団体の活動紹介がオンラインイベントで行われます。
詳しくはこちら     参加申込み先はこちら

オンライントークイベント参加(無料)、コンサート配信(有料)については事前申込みが必要です。詳しくはフライヤーやこちらをご参照ください。

主催・お問い合わせ先 ミホプロジェクト
tel 03-6317-8916(ベアータ)、e-mail mihomihoproject@gmail.com

主催者をはじめ、ご支援、お祈りいただいているみなさまへの感謝を申し上げます。