甲状腺エコー検査 in せんだい(with あいコープみやぎ)

定員満了のため募集は終了いたしました(9月14日)

検査を希望する方を募集します。(無料・要予約)


あいコープみやぎマスコットキャラクター パスちゃん

組合員ではないご家庭、リピーターや保護者さま(付添者)の検査も承っています。
感染症予防対策については、ご協力のお願いをどうぞご覧ください。みなさまのご理解・ご協力をどうかよろしくお願い申し上げます。

おもて
                クリックすると拡大します

《甲状腺エコー検査 in せんだい》
主 催:いずみ、共 催:生活協同組合あいコープみやぎ

日 時:9月17日(土)-18日(日)
17日(土)は10時~16時、18日(日)は9時~11時半

会 場:あいコープみやぎ日の出町センター(宮城野区日の出町3-4-17)

検 査:寺澤政彦 医師(てらさわ小児科)

対 象:10才~30才の方、および、付添者(保護者など)
定 員:先着50名程度
費 用:無 料
機 器:GE社製LOGIQe

ご予約方法:ご希望の保護者さま、ご本人さまは下記連絡先へお申込み下さい。

定員満了のため募集は終了いたしました(9月14日)

お申込み・お問い合わせ先:放射能問題支援対策室いずみ
☎ 022-796-5272 (平日10~16時)
E-mail izumi@tohoku.uccj.jp

※おそれいりますが、緊急事態宣言の発令等、検査会中止の可能性があることをあらかじめご了承いただきますようお願い申し上げます。

Take me to the theater

福島原発事故は現在進行中であるものの、全国的には忘れ去られ、もしくは、帰還に偏った報道がなされています。一方で、被害の実態や現状を共有するために、お芝居やミュージカルを通して発信していこうという市民協働が進められています。世界的な歴史事象を私たち自身で後世に伝えていくこと(伝承)が必要ではないでしょうか。震災や原発事故を知らなかったり、記憶が薄れている子どもたちも増えてきています。ぜひお子さまやお孫さんなどとご一緒に観劇ください。

神田香織 講談 チェルノブイリの祈り

神田香織講談「チェルノブイリの祈り」を聞く会神田香織講談「チェルノブイリの祈り」を聞く会(裏面)

2022年8月28日()14時
福島県男女共生センター 研修ホール(二本松市)

ミュージカル バックトゥ ザ☆フーちゃんⅡ

福島フーちゃんⅡ公演 チラシおもて

2022年10月9日()11時/15時(2回公演)
福島県二本松市安達文化ホール

ふくしま公演 賛同募金のお願い

主催や連絡先、料金等はそれぞれのチラシをご参照ください。

夏季休暇のお知らせ


暑中お見舞い申し上げます。

非常に暑い日々が続いています。何卒ご自愛ください。

いずみ事務局は、下記期間、誠に勝手ながらお休みさせていただきます。
【休業期間】 8月11日(木)~8月16日(火)

期間中、急ぎのご用件の方はこちらにご連絡ください。よろしくお願いいたします。

甲状腺エコー検査 in しばた(年度2回目)

募集は終了いたしました(7月28日)

甲状腺エコー検査を希望する方を募集します。  ☆無料・要予約☆彡
リピーター歓迎。保護者さま(付添者)の検査も承っています。

感染症予防対策にあたって、ご協力のお願いをご覧ください。みなさまのご理解・ご協力をどうかよろしくお願い申し上げます。

おもてうら

《第81回 甲状腺エコー検査 in しばた》

日 時:7月31日)10時~13時

会 場:しばたの郷土館(柴田町船岡1丁目6ー26・map

検 査:寺澤 政彦 医師(てらさわ小児科/仙台市)

対 象:震災当時18才以下の子ども優先(現在10才~30才)。付添い者可。
定 員:先着30名程度
費 用:無  料
検査機:GE社製LOGIQe

予 約:検査をご希望の保護者・ご本人の方は下記連絡先へお申込みください

募集は終了いたしました(7月28日)

主催・予約申込み・お問い合わせ
放射能問題支援対策室いずみ
☎ 022ー796ー5272(平日10時~16時)
E-mail izumi@tohoku.uccj.jp

心と体をリラックス!!第15回 親子短期保養プログラム in 北海道

核災害の環境下から一時でも離れ、のびのび、リフレッシュいただけるようにと北海道での保養プログラムを企画しました。コロナ禍ですが、感染予防に配慮しながら実施いたします。関係者一同、ご参加、ご応募を心よりお待ちしています。

「心と体をリラックス!! 第15回親子短期保養プログラム in 北海道」

期 日:2022年 8月 5日(金)~ 8月 9日(火) 4泊5日

宿 泊 :北海道クリスチャンセンター(札幌市)

対象者:核災害による放射能汚染地域在住の親子、避難者親子(リピーター可)

募集数:7組20名の親子 (原則として小学生以上の子どもと保護者)

参加費:1家族につき15,000円

費 用:
プログラム中の食事や交通・宿泊費などは原則主催者が負担。集合・解散地までの往復交通費については補助有り。参加費のほか、フリータイム時の食費・交通費などは各自ご負担をお願いします。(詳細は募集要項をご覧ください)

集合・解散地:仙台空港(宮城県岩沼市)

申込み方法:
プログラムや詳細等、募集要項のファイルを必ずお読みください申込書(excel)・申込書(pdf)に必要事項をご記入の上、お申込みください。ネット環境がない場合はご相談ください。携帯等をご使用の場合、パソコンからのメールを受取れるよう設定をお願いいたします

申込み締切:
6月24日(金)17時締切り=必着ただし、応募多数の場合、予告なく募集終了いたします。期限内の募集締切りは「いずみ」HP上でお知らせします。

参加者決定:
(応募数が定員超過の場合)募集締切り後、厳正な選考・抽選を行い決定いたします。応募理由を参考にしますので、経済的な事情等ありましたらご明記ください。参加決定者には後日、必要なご連絡を差し上げます。

その他:
航空券手配を行いますので、確実に参加できる方のお申込みをお願いします(参加決定後のご辞退は、参加者様のキャンセル料ご負担が発生する場合があります)。

応募受付のお返事について、時間がかかるかもしれません。ご心配な場合、お問い合わせ下さい。

お申込み・お問い合わせ先:
放射能問題支援対策室いずみ 親子短期保養係
〒980-0012 仙台市青葉区錦町1丁目13-6
☎/Fax 022-796-5272(電話は平日10~16時)
E-mail izumi@tohoku.uccj.jp

主 催:放射能問題支援対策室いずみ・北日本宣教会議実行委員会(北海・奥羽・東北)
協 賛:カトリック正義と平和仙台協議会、北海教区東日本大震災支援委員会