「この世の最上の業」

エフェソの信徒への手紙 6章18~20節

説教 伊藤 香美子 姉

  先日バスに乗ったとき、学生さんに席を譲られ、初めての経験で一瞬戸惑いましたが、「ありがとう」と感謝して座りました。一昨年、後期高齢者となり、日々自己の老いを自覚しているつもりでしたが、正直なところショックでした。しかし 、これからは自己の 老いをしっかり受け止めて、キリスト者としていかに老いを生きるか を考えねばと思いました。 その時、ヘルマン・ ホイベルス神父の「最上の業」に出会い、大きな希望を与えられました 。
  今若い人も必ず老います。共に「最上の業」を学びましょう。

最上の業
ヘルマン・ホイベルス神父


この世の最上の業は何?
楽しい心で年をとり、働きたいけど休み、失望しそうなときに希望し、
従順に平静に己の十字架を担う。
若者が元気いっぱいで歩むのを見てもねたまず、
人のために働くよりも、謙虚に人の世話になり、
弱っても、もはや人の為に役立たずとも親切で柔和であること。

老いの重荷は神の賜物。
古びた心にこれで磨きをかける。真の故郷に行くために!

己をこの世につなぐ鎖を少しずつはがしていくのは真にえらい事。
こうして何もできなくなれば、それを謙虚に承諾するのだ。

神は最後に一番良い仕事を残してくださる。 それは祈りだ。
手は何もできない。けれど最後まで合掌できる。
愛する全ての人の上に神の恵みを求める為に。

全てをなし終えたら臨終の床に神の声を聞くだろう。
「来よ、わが友よ、われ汝を見捨てじ」と言い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です