教会創立131周年記念礼拝 「良心を手腕に」

テモテへの手紙 一 1章18~19節
エレミヤ書 20章7~9節

 

 当教会は、同志社の分校ともいう形で1886(明治19)年に開校した宮城英学校(のちの東華学校)の教員・学生たちを中心にその翌年創立されました。ここには、自由教育と自治教会によって日本に福音を根づかせようとした新島襄の願いが表れています。

 新島は1888(明治21)年に公にした同志社大学設立の旨意において、“…教育ハ、決して一方に偏したる智育にて達し可き者に非す、…唯た上帝を信し、真理を愛し、人情を敦くする基督教主義の道徳に存する…”と智育と徳育の両方の必要を述べ、 “…良心を手腕に運用する人物を出さんことを勉めたりき” とそれらを結びつける良心の重要性を語っています。

 今日開いた聖書にも19「良心」との語があります。原語には “共に見る” との意味があり、開かれた態度で他者と共に見ること、究極的には神と共に見ることが指し示されています。上記の旨意の後段には、“…立憲政体を百年に維持せんと欲せは、…智識あり、品行あり,自から立ち、自から治むるの人民たらざれば能はず” とあります。今日の状況に対する、130年前の警句として受けとめるべきでしょう。

 エレミヤはB.C.7~6世紀の激動期に、時流に流されず逆境にあっても神の言葉を語り続けた預言者でした。それは 9「主の言葉は…心の中、骨の中に…火のように燃え上が」るからだと、エレミヤ自身が告白しています。

 知識・技術の運用を間違えれば、地球規模の破滅を招きかねない時代に私たちは生きています。神の真実を仰ぎ、良心を手腕に知識・技術そして時代を運用することは今日そして将来のための重要な課題です。

3月のおたより

 主の受難を想起するレント(受難節)のときを歩んでいます。

 そして、東日本大震災発生から7年を数える3月11日を迎えました。今年は主日となり、東北教区では8箇所に分散しての「東日本大震災7年記念礼拝」がもたれました。

 鶴岡・山形本町・陸前古川・仙台五橋・小高・福島・山都・常磐の各教会で開かれた礼拝にはあわせて360名が集い、礼拝の中ではあらかじめ教区宣教部を中心に作成された「3.11わたしたちの祈り」が捧げられました。

 このお祈りをご紹介します。思いを合わせて頂ければ幸いです。

 

「東北教区3.11わたしたちの祈り」

主なる神さま、あなたはすべてをご存じです。

わたしたちの喜びも、悲しみも。そしてわたしたちに起こった震災の出来事も。

あの出来事から7年の時が経ちました。

わたしたちは「あの日」のことを忘れることはありません。

震災の現実から立ち上がる力を見いだせず、

どのように生きれば良いのか分からなくなってしまうことがあります。

わたしたちを、どうか憐れんでください。あなたの助けのみが希望です。

震災の前も後も、神さまの恵みが変わらずにあることを信じます。

ですから、御言葉の希望をわたしたちにお示しください。

あなたの御心が天でなされるのと同じように、この地でもなされますように。

わたしたちの祈りをどうぞ聴いてください。

そして、わたしたちを祈りによって生きる者へと変えてください。

地震と津波で被災された方々の生活が一日も早く回復されますように。

住む場所を失った人がいます。愛する人を失った人がいます。

孤独を強いられている人がいます。どうぞその人たちを顧み、慰めの光をお与えください。

復旧・復興の業に携わる人々をお守りください。

原発事故のために困難を強いられている人々に神さまの恵みがありますように。

わたしたちはあなたから託されたこの世界を、あの事故によって汚してしまいました。

どうかわたしたち人間の傲慢をお赦しください。
そしてそのようなわたしたちを今一度、憐れんでください。

そしてどうか、この苦しみや悲しみを次の世代に繰り返すことのないように導いてください。              未来を担う子どもたちをお守りください。

国や行政に仕える人たちに神さまの知恵が与えられますように。

わたしたちは、あなたがいついかなる時も一緒にいてくださることを信じます。

この震災の現実の中にありながら、

あなたの御心を見いだしていくことができますように導いてください。

生かされている喜びを感謝することができますように。

神さまの平和を実現する者として、わたしたちを用いてください。

この祈りを主イエス・キリストの御名によって御前にお捧げいたします。

アーメン。

 

△ 福島県 山都教会での3.11東日本大震災7年記念礼拝

 

東日本大震災7周年を覚えての礼拝 「記念として語り伝える」

マルコによる福音書 14章3~9節
イザヤ書 52章4~6節

 

 3月11日には、あの時の具体的な体験とも相まっていろいろな思いがあるでしょう。突然の喪失、人間の小ささ、その驕りなどその多くは痛く苦しいことながら、この日は東北にある者に忘れ得ぬ日となりました。

 今日開いた旧約で、預言者はイスラエルに与えられた苦難の歴史を思い起こしています。 4「エジプト」での奴隷の時代、 4「アッシリア」の搾取、そしてバビロン捕囚(5節)…、でもその中で 6「わたしの民はわたしの名を知るであろう」と告げられています。主は民の嘆きにご自身心震わせつつそこにおられるのであり、民は右往左往した後 6「見よ、ここにいる」と宣言される主を見いだすからです。事実、旧約文書の多くはこれら苦難の歴史の中から編まれてきました。

 主イエスが最後の晩餐の場で告げられた「わたしの記念としてこのように行いなさい」(ルカ22:19)との言葉は、十字架に刻まれた主の救いを信仰者が想起し追体験する聖餐の制定語となりました(Ⅰコリント11:23~)。記念するとはただ振り返るにとどまらず、今を生きる私に意味あることとして受けとめることです。

 十字架の数日前、主イエスに只ならぬ様子を感じたのでしょう、一人の女性が 3「純粋で非常に高価なナルドの香油」を主イエスの頭に注ぎかけたとき、主は 9「福音が宣べ伝えられる所では、この人のしたことも記念として語り伝えられるだろう」と言われたのでした。忘れ得ぬ震災の出来事においても、私たちはその只中に立たれていた主に出会うことができるでしょう。また今とこれからに意味あることとして、記念することができます。

「業を成し遂げるために」

ヨハネによる福音書 17章1~8節
創世記 32章23~31節

 

 十字架前日の訣別説教に続いて、主イエスが神と 6「世」の間に立たれ執り成しを願った “大祭司の祈り” の箇所を開きました。

 このヨハネ福音書ではこれまで「時はまだ来ていなかった」(2:4、7:6・30、8:20)と繰り返し語られていましたが、ここで主イエスは 1「父よ、時が来ました」 4「わたしは…業を成し遂げ」ますと祈られたのでした。 4「成し遂げ」との語は十字架上の主の口からも語られており(19:30)、十字架が神の救いの歴史の頂点であることを指し示しています。

 旧約の時代、人は神の栄光を直接見ることは許されず(出33:20)、その名もなかなか明かされることはありませんでした(創32:30)。がここでヨハネ福音書は、今や十字架において神の 1・4・5「栄光」、そして 6「御名」が顕わされようとしていると語ります。主イエスの受肉と十字架にこそ、 6「世」とそこに生きる者を何としてでも救うとの神の意思、その愛が示されているからです。

 やがてこの神の業を 8「知り」 8「信じ」る者が起こされ、希望と13「喜び」が分け与えられていくだろうと告げられています。そして祈り末尾において、ついには21「世」も26「御名」すなわち神の意志を受けとめ、ついには22「一つにな」って平和と喜びを分かち合うようになるとのゴールが指し示されています。神の民は今も生きて働かれる主と共に、神の国を目指す旅路を歩むのです。

「わたしは道であり、真理であり、命である」

ヨハネによる福音書 14章1~10節
出エジプト記 3章13~15節

 

 いわゆる最後の晩餐の席で主イエスは、 6「わたしは道であり、真理であり、命である」と自らを顕わされました。この福音書には、 “わたしは~である” と語られる主イエスがよく現れます(6;48、8:12、10:9・11等)。それは、主なる神が「わたしはある」(出3:14)との言葉でご自身を顕わされたことに重なります。

 別離を予感し 1「心を騒がせ」る弟子たちに、私は 6「父」なる神へと続く 6「道」となるためにここから出ていくのだと主イエスは語られました。

 ヘブル語の “道” との語は “踏みつける” に由来します。あなたがたは私を踏みつけて 6「父」なる神へと到りなさい、そのために私は十字架へと進むと告げられたのです。主イエスの十字架こそ、私たちに向けられた 6「真理」と 6「命」にほかなりません。

 主イエスご自身が私たちの 6「道」となってくださる、これは剣道・書道・茶道…の“道”に似ているかもしれません。これらはどこかへの通路を意味するのではなく(5節)、剣に書に茶そのものに生きることを指しています。主イエスという 6「道」を歩むとは、主イエスと共に 6「真理」と 6「命」を生きることです。

2月のおたより

 1973年の移転当時、当教会の住所は「荒巻字カケス塒(とや…ねぐらという意味)5-129」でした。このことから、当教会の機関紙は「カケスだより」と名づけられました。

 さて、次の72号からは当教会出身の牧師さんたちからの寄稿が連載されます。第1回は、K牧師とH牧師がご担当くださるとのこと。楽しみですね。

 そして今春、出身教職が加わります。東日本大震災を機に洗礼を受けられ、献身されたTさんが同志社大学神学部大学院を卒業して牧会に出られます。Tさんは3月7日に同級生のNさんと結婚され、揃ってY教会の伝道師にご着任予定です。いっぺんに結婚・卒業・引越・着任はたいへんですが、それだけ何倍もの喜びということですね。歩みが、お働きが豊かに祝され導かれますよう、お祈りします。

△ 教会学校教師会に二人をお迎えしました

「荒れ野で」

マルコによる福音書 1章1~8節
申命記 8章1~10節

 

 3・4「荒れ野」とは野草や灌木しか生えない未耕地のことで、35「人里離れた所」とも訳されています。そうした荒れ野で洗礼者ヨハネは 4「悔い改めの洗礼」を宣べ伝えました。主イエスは宣教の働きに入られる前に13「四十日間…サタンから誘惑を受けられ」ましたし、しばしばそうした場所で祈られました。それは何故だったでしょう。

 出エジプトの指導者モーセは民に 2「四十年の荒れ野の旅を思い起こ」させ、それは 3「人は主の口から出るすべての言葉によって生きることを…知らせるため」だったと告げました。ヘブル語で 2「荒れ野」を意味する言葉の語源には“語る・告げる”との意味があります。人が寄りつかない荒れ野は人が神と出会い、その言葉を聞き、向き直って歩み出す場所なのです。 “荒れ野の40年” は、約束の地で神の民として再出発する上で必要な期間・経験でした。

 レント(受難節)は灰の水曜日からイースターの前日までの40日間と6つの主日から成る期間であり、主の十字架を想起し悔い改めを覚える時です。 4「悔い改め」とは単に反省することではなく、神の許で方向転換することです。このことは、私たちも虚心に神の言葉に聞き歩みを確かめ再び歩み出すことの必要・大切さを指し示しています。

「王を立てた誤り」

士師記 9章6~15節
コリントの信徒への手紙 一 4章8~13節

 

 約束の地カナンに定着後、イスラエルはしばらくの間王をもたず、士師と呼ばれるさばきづかさが指導しました。士師記には12人の士師が登場します。その一人ギデオンが強力な敵ミディアンを打ち破ったとき、人々は彼を王に立てようとしました。が、ギデオンは「主があなたたちを治められる」(8:23)と、これを退けたのでした。

 ところがその息子アビメレクは言葉巧みに首長たちを束ね、兄弟70人を虐殺してイスラエル史上初めての王の座に就いたのです。一人残った末の弟ヨタムがこれを告発して語ったのが、今日開いた譬話です。

 木々が王を立てようとして 8「オリーブ」10「いちじく」12「ぶどう」に頼みに行きます。が、彼らは9・13「神と人」に仕えることこそわが使命だとこれを断りました。最後に15「茨」が引き受けますが、その結果15「火が出て…焼き尽く」すだろうと不気味な予告がなされています。やがてそれは、現実となったのでした(21~57節)。ここでは、権力が含みもつ根深い問題が言い当てられています。

 日本国憲法はその前文で主権在民を宣言し、この普遍の原理が国の基礎であると述べています。ところが自民党が出している改憲草案は “日本国は長い歴史と固有の文化を持ち、国民統合の象徴である天皇を戴く国家であって…” (前文)と特殊な価値から国を規定しようとし、“全て国民は、この憲法を尊重しなければならない” (102条)と国家権力を憲法で制限する立憲主義を転倒させています。

 伝道者パウロは、自己満足と高ぶりに陥ったコリント教会員に対し、十字架の主イエスに従って仕える者となることの真実を指し示しています。9・13「神と人」に喜ばれる生き方を求めたく願います。

「勇者の未完」

申命記 34章1~8節
ヘブライ人への手紙 10章19~25節

 

 モーセはイスラエルの民をエジプトの地から救い出し約束の地へと導き上る指導者として、主なる神から召されました(出3章)。幾多の困難を乗り越えて出エジプトを果たした後も、約束の地を目指す荒野の旅は40年に及びました。彼は不満・不信を繰り返す民を叱咤し束ね導く厳然たる指導者であった一方、主なる神に対しては民の罪の赦しをひたすら乞う仲保者でもありました。

 長い旅路を経て、ついに一行は約束の地を目前にした 1「モアブの平野」に辿り着きました。が、モーセは 4「そこに渡って行くこと」は許されなかったのです。それは旅の途中メリバで彼が主に忠実でなかったゆえと語られていますが(民20:12~、申32:31~)、これは罰というより、未完を甘受せざるを得ない人間の姿を現しているように思います。私たちもまた必ずしも目標に達することなく、その途上で歩みを終える存在であるからです。モーセは 1「ピスガの山頂」から約束の地を望み見つつ生涯を閉じたのでした。

 私たちは破れを抱え、未完に甘んじざるを得ない者です。が、そのような者に23「真実」をもって近づかれご自身の犠牲によって執り成してくださった主イエスのゆえに、私たちは安んじて神とまみえることができる、と併せ開いた箇所に告げられています。

 モーセは後継者としてヨシュアを任命し(31:1~)按手しました(9節)。 8「三十日の間…モーセのために喪に服して、その期間は終わった」との言葉には、使命の継承と新たな出発の決意が感じられます。当教会の “旧約聖書を読む会” は1993年から約23年かかって、約半分を読み終えました。ですから2038年に全巻を読み終える計算ですねと言うと笑われる方が多いのですが、これは素敵なことだと思います。ゴールを目指す長い継承の中に確かに位置づけられた私を見いだすからです。聖書の民も今を生きる私たちも、神に伴われその完成を目指す旅路を歩んでいます。

「忍耐強く走り抜こう」

士師記 16章15~24節
ヘブライ人への手紙 11章32節~12章2節

 

 サムソンの物語(13~16章)は、桃太郎といった昔話のようにユダヤ人の間で語り継がれてきたのでしょう。彼は「ペリシテ人の手からイスラエルを解き放つ救いの先駆者」(13:5)との使命を担う者として誕生し、聖別された17「ナジル人」として成長します。生まれてこの方17「かみそりを当てたことがない」その長髪には、神に与えられた怪力が宿っていました。

 「彼は…二十年間、士師としてイスラエルを裁いた」(15:20)とありますが、物語の中の彼は自分勝手に振る舞い、託された力をただ浪費しているように見えます。両親に逆らってペリシテ人の娘と結婚しますが(14:1~)、宴席での余興で負けると腹いせにペリシテ人を30人打ち殺します(14:8~)。さらには妻とその実家とも不仲になった仕返しに、尾を結び合わせ燃える松明を括りつけたジャッカル300匹を放って畑を焼き尽くし人々の怒りを買った上で(15:1~)、ペリシテ人を千人打ち殺すのです(15:9~)。

 やがてペリシテの遊女デリラを見染めたサムソンは、彼女に求められてついに髪の秘密を17「一切打ち明け」てしまいます。髪をそられたサムソンはペリシテ人に捕えられ、目をえぐられ、奴隷とされます。しかし22「彼の髪の毛は…また伸び始めて」いました。見せ物として引き出されたサムソンは建物の柱を両腕に抱えてへし折り、三千人以上のペリシテ人を道連れに果てたのでした。

 この物語をどう読めばよいのでしょう。多くの力を恵みを与えられながら、期待と全く異なる仕方でそれらを浪費するこの世への風刺とも受け取れます。ある随想では22「また伸び始め」た髪とは祈りのことではないか、愚かさと破れを経験しても人は神の前に祈って再び立ち上がることができるのだと指し示されていました。

 併せ開いた箇所で、32「サムソン」も偉大な33「信仰」者の一人に数えられています。破れある人間でありながら、神の力を帯びて勝利し、また苦難をも味わったというのです。私たちはこうした 1「証人」たちに囲まれ、さらには 2「信仰の創始者また完成者であるイエス」との出会いを与えられているのだから、 1「すべての重荷や絡みつく罪をかなぐり捨てて、…定められている競争を忍耐強く走り抜こう」、こう呼びかけられています。