沿革

1887 (明治20) 年

3月13日、宮城英学校 (東華学校) の教員を中心に、本願寺別院(現在の南町通東二番丁交差点の北西の角)を借りて「日本組合教会宮城教会」設立。仮牧師デフォレスト。

6月26日に教会は南町53 (田丸方) に移転。12月に袋町1番地に礼拝堂新築移転。 経費550円は米国一婦人の献金であった。

1888(明治21)年

三宅荒毅初代牧師就任。

1893 (明治26) 年

東三番丁に土地を入手し、袋町の旧礼拝堂を解体して移転。

1897 (明治30) 年

片桐清治第2代牧師就任。

1914 (大正3) 年

デフォレスト記念礼拝堂完成。 1945年空襲によって焼失するまで仙台の代表的教会建築であった。

1924 (大正13) 年

ジレット宣教師夫妻来日。教会のため大きな働きをされ、キャンプ場月見岬は同氏の寄贈によるもの。

1928 (昭和3) 年

高橋健二第3代牧師就任。

1933 (昭和8) 年

片桐・ブラットショー記念牧師館、教育館完成。

1934 (昭和9) 年

田島守人第4代牧師就任。

1937 (昭和12) 年

佐藤信雄第5代牧師就任。

1940 (昭和15) 年

川端忠次郎第6代牧師就任。

1941(昭和16)年

日本基督教団成立。当教会も同教団に所属、「日本基督教団仙台東薫三番丁教会」と改称。

1945 (昭和20) 年

仙台空襲により礼拝堂・教育館・牧師館全焼。

1946 (昭和21) 年

バラック建築の牧師館兼礼拝堂を献堂。

1947 (昭和22) 年

4月16日、戦時中より中断していた祈祷会復興。9月14日、戦後はじめてオルガンをもちいて礼拝 (現在教会に保存されている小リード・オルガン)。 11月30日、日曜学校を再開。

1950 (昭和25) 年

焼け残った外壁を用いて礼拝堂復興、6月10日献堂式。

1959 (昭和34) 年

菅井大果第7代牧師就任。

1967 (昭和42) 年

菅隆志第8代牧師、水沢教会より就任。

1971 (昭和46) 年

4月9日、第1回「教会音楽の夕べ」開催。

1972 (昭和47) 年

教会総会において「教会進展委員会」設置決定。 礼拝堂の老朽化に伴い改築か移転かを検討開始。

1973 (昭和48) 年

教会臨時総会において、移転先を仙台市荒巻字カケス塒1-529 (現在地) とし、名称を「仙台北教会」とすることを決定。

1974 (昭和49) 年

現会堂を建設、4月28日献堂式。地域の要望に応え、仙台めぐみ幼稚園開設。9月22日、パイプオルガン披露演奏会。

1975 (昭和50) 年

教会機関紙として「カケスだより」創刊。

1979 (昭和54) 年

8月、北山キリスト教墓地に教会納骨堂献堂。

1987 (昭和62) 年

3月15日、教会創立100周年記念式典。

1989 (平成元) 年

五味一第9代牧師、札幌月寒教会より就任。

1996 (平成8) 年

七ヶ浜月見岬にログハウス「ジレットハウス」を建設。6月2日、献堂式。

2002 (平成14) 年

小西望第10代牧師、涌谷教会より就任。

2007 (平成19) 年

創立120周年記念礼拝、感謝会、記念コンサート。

2010 (平成22) 年

『日本キリスト教団仙台北教会 120年史』を刊行。

2011 (平成23) 年

仙台めぐみ幼稚園閉園。子ども活動「めぐみの森」開始。

2016 (平成28) 年

会堂改修工事を実施。