「主が命じられたとおりであった」

出エジプト記 40章17~38節
ヨハネによる福音書 17章1~8節

 

 17「第二年の第一の月」とは、イスラエルの民がエジプトを出発してからちょうど一年後ということです(124)。主なる神を礼拝するための17「幕屋」がこの日完成しました。こうしていよいよ本格的に約束の地を目指す旅に出て行く段階となって、出エジプト記は閉じられていきます。

 「主がモーセに命じられたとおりであった」との言葉が19節から、実に7回繰り返されています。主が世界をみ旨のままに7日間で創造されその栄光が顕わされたように(創131)幕屋は完成し、34「主の栄光が…満ちた」のでした。民は共に労し、その大いなる恵みと喜びに与りました。

 シナイ山での契約締結の場面で、民が誓った 8「わたしたちは、主が語られたことをすべて、行います」との言葉が瞬く間に破れていったことを思い起こします(19章)。にも拘わらず人間の弱さ・破れをも覆う主の慈しみのゆえに、この契約はなお生きたものとして民を支え導く礎となったのでした。

 今日の箇所には、弱さ・破れを抱えた私たちがみ旨にあって主と共に働き得ること、そして大いなる恵みと喜びに与り得ることが指し示されています。

 多様な宣教の働きを実践・展開された岩村信二先生(元・大森めぐみ教会牧師)が先月2594歳で召天され、“従容としてかつ堂々と主の御許に召されました”と記された会葬御礼を頂きました。ご長女の望月初穂姉より加えてお手紙があり、“従容”との言葉は岩村先生の義父にあたる大石榮一兄(当教会員)の葬儀に際して菅隆志牧師が用いられたものであることを知らされました。弱く破れある小さな私たちも奇しきみ旨に導かれ従いゆくときに主の栄光に与り、価値ある生涯に歩み得ることが指し示されていましょう。

コメントは受け付けていません。