「あなたを遣わすしるし」

出エジプト記 2章23節~3章12節
コリントの信徒への手紙 二 12章5~10節

 

 長じたモーセが神に呼び出され、出エジプトの指導者に任じられていった箇所を開きました。この召しにモーセは驚き、11「わたしは何者でしょう」と答えたとあります。これはとても私には務まりませんとの固辞の言葉であると共に、モーセが青年期から抱えてきた問いでもありました。ヘブライ人でありながらエジプトの王女の子として育ったモーセですが、成人して苦しむ同胞のために立ち上がろうとしたことがありました。が、同胞たちから拒否されてしまったのでした(211~)。“わたしは何者なのか”この問いを抱え、モーセはミディアンの荒れ野で羊飼いとなり、ひっそり生きていたのでした。

 今なお被災地支援にやってきてくれている新潟・敬和学園高校では、学校とは“自分探し”の場だと語られています。支援活動も、“労作”という身体を動かす授業の一環ということです。思春期は自らに迷い、ぶつかり、そして見出していく危機とチャンスの時と言えます。その大切な問いに学校そのものが寄り添ってくれるのは、幸せなことだと思います。

 モーセの11「わたしは何者でしょう」との問いに神は直接答えられた訳ではなく、12「わたしは必ずあなたと共にいる」との言葉が与えられたのでした。歩む道は自ら見出していかねばなりません。がこのとき、小さな者の23「叫び声」に耳をとめられる方、はかない 2「柴」を燃え上がらせ続けられる方が共に歩んでくださることをモーセは知り、歩み出しました。12「このことこそ、わたしがあなたを遣わすしるしである」と神が言われたように、モーセは自らの強さによってではなく、どこまでも共に行かれる主に支えられてその使命へと向かったのです。

 およそ20年前の敬和学園高校の卒業生が、自らをふり返った“樹海”という詩で“…自分というものを探し続けながら、人は皆各々樹海を歩いているのではないだろうか。その樹海は深いかもしれない。…でもともに歩いてくれる存在に気付いた時、暗く深い樹海は森になる。…”と綴っています(榎本栄次 『自分さがしの旅』、日本キリスト教団出版局)。

コメントは受け付けていません。