「私たちの罪の値」

創世記 9章1~17節
マタイによる福音書 27章3~10節

 

  “原子力安全神話に抗して-フクシマからの問いかけ”をテーマに今月1114日に仙台にて開かれた国際会議(主催:日本基督教団)には、海外教会から約70名、国内から約150名が集いました。共同で深められた宣言文案は、人間が神との応答関係(創127)を捨て、賜物を自己利益のために用いていった罪がこのたびの原発事故を生んだと述べ、傲慢・貪欲・偶像礼拝・隠蔽・怠惰・無責任・責任転嫁と陥った7つの罪を指摘しています。様々な論議・主張がある中でも、教会が聖書の視点から意見表明をすることには意味があることを思います。

 ノアの洪水物語は、人間の応答責任を論じているとも言えます。人の悪のゆえに洪水を起こされた神はその後再祝福と再契約を与え、自ら世界を破滅させることは二度としないとの憐れみを与えられました。一方このとき人には、すべての 4「命」を正しく守る責任が委ねられたのでした。命が奪われたならば 5「賠償を要求する」と告げられています。原発事故という罪の値を、私たちは何をもって支払い得るのでしょう。

 3「銀貨30枚」を手に 4「わたしは罪のない人の血を売り渡し、罪を犯しました」とうろたえるユダは、今日の私たちの姿にほかなりません。 4「我々の知ったことではない。お前の問題だ。」と突き放す祭司長らの言葉は、経済成長を求めてなお核開発に向かおうとする世の言葉のように響きます。ユダの悲劇は罪を自らの手で決着させようとしたことでした。十字架上で「父よ、彼らをお赦しください。自分が何をしているのか知らないのです」(ルカ2334)と祈られた主イエスの言葉を私たちは、またこの世界は聞いて、歩み出さねばなりません。

コメントは受け付けていません。