「たといそうでなくても」

ヘブライ人への手紙 11章32~40節
ダニエル書 3章8~18節

 現在療養中の方お二人から、“病気になるのも、生かされているということだから”“痛いっていうのは生きている証拠”とお聞きし、信仰とは困難を避けることではなく立ち向かう力なのだと改めて思わされました。

 捕囚地バビロンで、バビロニア王にとり立てられた少年ハナンヤ・ミシャエル・アザルヤは、偶像を拝めとの命令を拒んで燃え盛る炉に投げ込まれることになります。このとき三人は、17「私たちの仕えている神は…わたしたちを救い出すことができます。…たといそうでなくても、わたしたちは…あなたの神々に仕え」ません(口語訳)と答えたのでした。

 ヘブライ人への手紙は信仰に生きる意味を語った11章のまとめの部分で、信仰の力で世の諸力に打ち勝った者たちと、信仰のゆえに迫害された者たちを同列に論じます(33~38節)。信仰は38「世」における利益を約束するのではなく、世を超えた約束を示して与えられた生を真実に生きるべく導くのです。

 旧約の信仰の勇者たちを列挙した後に、40「わたしたち」が位置づけられています。勇者も小さな私たちも、主の約束と招きを頂いている点で異なることはないからです。それぞれに与えられた生を信仰にあって進みゆきたく願います。

コメントは受け付けていません。