11月のおたより

 今年のクリスマスのご案内の絵は、15世紀に今日のベルギーで活躍した画家フーゴー・ファン・デル・グースの“牧者の礼拝”の一部です。

 幅2.5メートルもある大きな絵の中央部だけを拡大しましたので、降誕されたばかりのイエスさまと母マリア、父ヨセフ、礼拝する天使たち、そして動物たちだけが見えていますが、左側には礼拝に駆けつけた羊飼いたちが小屋に走り込んでくる様子が印象的に 描かれています。

 福音書が伝えるところによると、救い主の降誕を知らされた者はほかにもいたのです。でもかえって不安を抱き、その場には向かいませんでした。結果、羊飼いたちが世界の民全体に与えられた大きな喜びの最初の証人となったのでした。

 この絵は、さああなたも救い主のもとに駆けつけ、その恵みにあずかる者となれ、と語りかけています。共に、今年のクリスマスのよろこびを分かち合いましょう。

コメントは受け付けていません。