「信仰と正しい良心をもって」

テモテへの手紙 一 1章12~19節
詩編 11編1~7節

 

   新島襄は、国が帝国大学によって官吏をはじめとする人づくりに着手したとき “同志社大学設立の旨意”(1888年)を公にして、“一国を維持するは、決して二、三英雄の力に非ず。実に一国を組織する教育あり、智識あり、品行ある人民の力に拠らざる可からず。…吾人は…此の一国の良心とも謂ふ可き人々を養成せんと欲す。”と呼びかけました。

  19「良心」とは何でしょう。原語には“共に見る”という意味があります。国や指導者だけが目標また道筋を見つめるのではその歩みはおぼつかない、皆が共に見、考え、検証することの大切さを新島は訴えたのでした。現在審議中の特定秘密保護法案の危険性を指摘しうる視点が、すでにここにあることを思います。

  私たちの中には、自らを中心において振舞おうとする根強い15「罪」がありますが、隣人と考えや目当てを分かち合う思いも恵みとして与えられています。但し人間は付和雷同して誤りを犯す弱さを抱えていますから、19「良心」とは究極的には“神と共に見る”ことを指しています。

 教会が国家の弾圧など外との戦いのみならず、異端という内なる戦いも経験した2世紀初めにあって、19「信仰と正しい良心とをもって」戦いなさいと勧められています。隣人と、そして神と共に物事を見ることが課題ある時代を切り開き歩み行く力となることを心に刻みたく思います。

コメントは受け付けていません。