「偶然ではなく」

エフェソの信徒への手紙 1章3~14節
イザヤ書 46章8~13節

 

 アジア州の首都であったエフェソには、当時の世界七不思議に数えられたアルテミス神殿がありました。これは豊穣多産を約束する神として崇拝されており、かつてこの地に伝道したパウロはこの神殿を冒涜するものとして大勢から糾弾されたのでした(使徒19:21~)。どの時代にも、繁栄の誘惑は人の心をつかみ時代を支配しようとします。

 パウロの事件からおよそ40~50年後に書かれたエフェソの信徒への手紙は、ここで 4「天地創造」から10「時が満ちるに及」ぶまでの遠大な神の歴史を提示し、その中に 3「わたしたち」を位置づけます。私たちはただ偶然に今を生きているのではなく神の 4「愛」 4「選び」 9「計画」の中に置かれているとのこのメッセージは、私たちの今に歩む基盤と方向を指し示すものです。一方、アルテミス神殿は3世紀に破壊され、やがて忘れられていったのでした。

 箴言29:18には「幻がなければ民は堕落する」との有名な言葉があります。今日の世界は理想や目標を失い、つかの間の豊かさという偶像に捕らわれてはいないでしょうか。私たちの今には 7「神の豊かな恵み」があり、その恵みにどう応答するのか(12・14節)との問いがあると告げられています。み旨を訊ね、希望を目指す歩みへと向かっていきたく思います。

 

コメントは受け付けていません。