「わたしを思い出してください」

ルカによる福音書 23章26~43節
イザヤ書 49章14~17節

 

  33「十字架」は手足を釘付けにし、苦痛と衰弱によって死に到らせるという過酷な刑罰です。自由を奪われた受刑者は為すすべなく自らの死を待たねばなりませんでした。

  十字架につけられた主イエスの両側に、二人の犯罪人もこの刑に処せられていました。その一人が42「わたしを思い出してください」と呻いたとき、この男は隣で同様に苦しむ主イエスから43「あなたは今日わたしと一緒に楽園にいる」と呼びかけられたのです。

  私たちは、死を見つめつつも為すすべなく呻くしかない存在です(ローマ724)。その点で、この犯罪人は私たち人間のありのままの姿を象徴しています。でも無力と孤独にあって呻くときにも、“私は今も共にあり、あなたは神の御手の内にいる”との声を聞きうることがここに示されています。

 “憐れみ、思いやり”を意味するcompassionは、com(共に)とpassion(苦難)との語から成り立っています。隣人の痛みをわが身に引き受けられた主イエスの憐れみ(7:13、10:33、15:20)は、死に直面する私たちをなお離れることなく、それゆえ主は41「何も悪いことをしていない」にも拘らず十字架へと進まれたのです。教会が掲げる十字架は、私たちのありのままの姿と、そこになお与えられている救いがあることを告げています。

コメントは受け付けていません。