7月のおたより

 今年も「平和七夕」の準備が始まりました。教会でも6~7月の毎週水曜日13:30~15:30、教会メンバーやご近所の方が集って、全国から送られてきた折鶴の糸通しやレイづくりを進めています。

 「平和七夕」本番は、仙台七夕まつりが開催される8月6~8日(火~木)、クリスロード商店街のダイエー前にて行われます。仙台七夕まつりの初日8月6日は「ヒロシマ原爆被災の日」、この日に思いをあわせて願うことは「ノーモア・ヒロシマ・ナガサキ」核兵器廃絶の実現ではないかと、「平和七夕」は39年前から始められました。

 今や、全国そして海外からも100万羽を越える折鶴が送られてくるようになりました。これを吹流しに飾り、またレイにして期間中の毎日14:00~配ります。

 残念なのは、この「平和七夕」の発起人のお一人であり、毎年会場で平和への行動を証ししておられた川端純四郎兄のお姿が今年はないことです。兄は5月23日、79歳で天に召されました。でも兄の平和への祈りと実践は、多くの者たちによって引き継がれています。

コメントは受け付けていません。