6月のおたより

Timeless

Old age, that tips with frost the works of men,

Has yet no power beyond our mortal ken,

And falling leaf and failing breath conceal

No mystery for soaring souls to feel.

For when our harp of days is all unstrung

And singing here is ended, God is young.

 

時のない国

人の所業に白霜の冠をそえる、老い

しかし、この世を超えた界(くに)では効なさず

散る木の葉、そして途絶える息も天翔ける魂の不滅を隠しはしない

この世の琴の弦が弛むとき、現世の詩(うた)が終わっても、神はなお若い

(別府恵子訳)

 

 上記は、シャーロット.B.デフォレスト宣教師が83歳のときに詠まれた詩です。先生は当教会初代仮牧師J.H.デフォレスト宣教師の次女として、幼少期を仙台で過ごされ、長じて神戸女学院第5代院長を務められました。

 北山墓地にあるデフォレスト家のお墓の一面は仙台人が愛する太白山に、もう一面は母国アメリカを臨む太平洋に面して建てられています。ご両親も先生も、遣わされてきた故国と遣わされた日本と、その両方を見据えてその生を全うされたのでした。

 この詩においても、自らの生と永遠なる神のわざの両方が見つめられています。今もこれからも生きて働かれ「なお若い」神に支えられ、わたしはその生を終わりまで歌い続けることができる、と先生は歌われました。

 今年は先生が召天されてより40年にあたり、この6月29日には神戸女学院院長・大学長ほか関係者が集まり、墓前礼拝が行われます。



コメントは受け付けていません。