「その涙に触れて」

ルカによる福音書 7章36~50節
創世記 21章14~21節

 

 主イエスの時代、大切な客の44「足を洗」い、頬に45「接吻」し、46「頭に香油を塗」るのが礼儀でした。ファリサイ派40「シモン」はそれを怠ったのですが、家に入ってきた女性が主イエスの足を自らの38「涙でぬらし…髪の毛でぬぐい」38「接吻して香油を塗った」のでした。

 ファリサイ派40「シモン」は、37「罪深い女」というこの女性の立場に目をとめました(39節)。一方、主イエスはくず折れて顔を上げることもできないこの女性の涙に目をとめられたのでした。

 人はなぜ泣くのか、これは結構難問です。涙が目のゴミを洗い流すように、整理のつかない心のわだかまりを泣いて掃きだすのだ、という説があります。震災というまさに人の力で整理できないことに直面して、いま多くの涙が流されています。小さな者の泣き声を聞きあげられる神(創21:17)、涙に目をとめられる主は、今日の涙をも受けとめ、50「安心して行きなさい」と言っておられることを思います。

 先週開いた7:32には、共に喜び共に泣くところに神の救いは訪れることが指し示されていました。主が目をとめられるところに、あなたも赴きなさいと私たちは呼びかけられています。

コメントは受け付けていません。