「人類の父」

マタイによる福音書 7章7~12節
創世記 1章27~28節

 

 当教会初代仮牧師J.H.デフォレスト宣教師が居住されたデフォレスト館(現在、東北学院が所有)が2013年に登録有形文化財、2016年に重要文化財に指定されて詳細な調査・研究がなされ、1887年にアメリカン・ボードによって3軒の宣教師館が建築されていたことなどが新たにわかってきました。南六軒丁の現・デフォレスト館と1967年まであったブラッドショー館、そして片平丁にあったもう一軒です。デフォレスト一家は当初片平丁の宣教師館に住まわれ、1896年頃から現・デフォレスト館に入られたのでした。

 片平丁の宣教師館と確認できる写真はまだ見つかっておらず、多くの謎があります。先般当教会120年史所収の写真を研究者に提供し、同労者であった片桐清治牧師ゆかりの片桐会にも協力を依頼しました。新たな発見があるかもしれません。

 1886年に宮城英学校(後の東華学校)教師として来仙されたJ.H.デフォレスト宣教師は廃校後も仙台に留まり、1911年に召天されるまで東北の地と人を愛し、水沢・金ヶ崎から会津若松まで広く宣教活動を展開されました。

 その著作や講演に現れる特徴は、神は人類共通の父であり、それゆえ世界万民は兄弟姉妹となれるとの信仰でした。ある著作では、12「人にしてもらいたいと思うことは何でも、あなたがたも人にしなさい」とのいわゆる黄金律と、「隣人にな」る(ルカ10:36)ことが強調されています。27「神は御自分にかたどって人を創造された」との大いなる恵みは、神に応答する使命をも私たちに与えるからです。自由主義神学の時代に生きた同宣教師の思想は人間と歴史への楽観主義に彩られ、批判的機能に乏しかったとの指摘も確かにあります。でも私たちは、神を仰いで喜ばしく歩むことを指し示された同宣教師の働きの系譜を確かに受け継いでいます。

コメントは受け付けていません。