「パン五つと魚二匹があります」

ルカによる福音書 9章10~17節
イザヤ書 58章6~8節

 

 13「パン五つと魚二匹」は、主イエスが14「五千人」以上の人を養われたとの大きな恵みを指し示すシンボルとして、キリスト教美術にも現れます。が弟子たちが13「パン五つと魚二匹しかありません」と言っているように、それは本来欠乏と無力を吐露した言葉だったのです。

 これは、主イエスから派遣された弟子たちが(9:1~)10「帰って来」た直後の出来事でした。派遣されて、彼らは何を体験してきたでしょう。大きな成果を上げることもあったでしょうが(10:17)、自らの無力を思い知らされることも多々あったはずです(9:40)。課題の大きさに比してできることはこれしかない、とは震災の今を生きる私たちの思いでもあります。

 そのような思いで13「…しかありません」と差し出した13「パン五つと魚二匹」を、主イエスは神の前に祝し用いて14「五千人」以上を養われました。大いなる主の力をもってすれば、何も無いところから皆を満たすこともできたかもしれません。しかしそうではなく、主は私たちの乏しさをも用いられるのです。13「…しかありません」ではない、“ここに…があります”と答えなさいと主は呼びかけておられることを思います。

コメントは受け付けていません。