「もう管理を任せておくわけにはいかない」

ルカによる福音書 16章1~8節
コヘレトの言葉 8章9節

 

 1「もう管理をまかせておくわけにはいかない」と怠慢を咎められ、知恵を巡らし 5「主人に借りのある者」の債務を勝手に減じた管理人。しかも棒引きにした油50バトス(6節)とは1800 ℓ、小麦20コロス(7節)とは720 ℓという膨大な量です。  8「主人は、この不正な管理人の抜け目のないやり方をほめた」とは一体どういうことなのでしょう。

 1「主人」とは大地主であり、 1「管理人」は主人と小作人の間に立って財産管理をしていた者です。旧約の律法には、同胞また貧しい者からは利息をとってはならないとの規定がありました(出22:24、申23:20等)。ですが実際には利息が科せられ、膨らんだ債務に苦しむ小作人が多かったようです。立場が危うくなった管理人は心を入れ替え、小作人のためまたひいては主人のためになるよう仕事に打ち込んだというのです。

 人間は神が造られた世界の管理責任を帯びている、と聖書は語ります(創1:28、9:1~)。が、命を損ない、地球環境すら脅かしている人間はその責任を果たし得ているのでしょうか(コヘレト8:9)。 1「もう管理をまかせておくわけにはいかない」と告げられているのは、今日の世界そして私たちかもしれません。そうだとすると、何を為しどの道に進むことが命をまもりみ旨に沿うこととなるのか、今こそ私たちは熱心に求め取り組まねばならない、と主イエスの語られた譬は告げていることになります。

コメントは受け付けていません。