「主の真実に生かされ、その恵みを分かち合い歩もう」

コリントの信徒への手紙 1章1~9節
イザヤ書 42章5~9節

 

 今日開いたⅠコリント1:9は2019年度宣教活動計画案の聖書箇所、説教題は主題です。

 異端の誘惑を受け多くの問題を抱えていたコリント教会に、パウロは 2「神の教会」 2「聖なる者」と呼びかけます。それは破れや誤りを含み持つ私たちを、神はイエス・キリストの十字架によって招いて 3「恵みと平和」に与らせてくださったからです。この 9「神」の 9「真実」は揺らぐことなく、コリントの信徒たちも必ずや福音に立ち帰るだろうとの希望にパウロは立っています。

 9「真実」との原語は、人間が主語となるとき“信仰”と訳されます。神の真実に私たちは信仰にあってどのように応答し得るか、これがコリントの信徒への手紙のテーマです。

 Ⅱコリント5:17~でパウロは、恐れと悩みに満ちた世もキリストの十字架によって神との和解を与えられたのであり、私たちはこの神の和解に連なって奉仕するのだと語っています。

 出エジプトの民に十戒が与えられ神と契約を結んだとき、モーセと70人の長老らは11「神を見て、食べ、また飲んだ」のでした。神と共に生きることは、恵みと希望の分かち合いへと私たちを押し出すのです。主の真実に養われ導かれ、与えられた2019年度を意義深く歩みたく願います。

コメントは受け付けていません。