「ただ開かれているだけでなく」

ヨハネによる福音書 14章15~31節
申命記 8章2~6節

 

 説教  八重樫 捷朗 兄

 

「神は真実な方です。あなたがたを耐えられないような試練に遭わせることはなさらず、試練と共に、それに耐えられるよう、逃れる道をも備えていてくださいます。」                              コリントの信徒への手紙 一 10:13

 《逃れる道》と訳されている言葉の原語は「エクバシス」。この言葉を逃避としての「逃げる道」と訳すのではなく、新しい存在として生まれ変わるための「出口」と訳すのがふさわしいと牧会カウンセリングの授業で習いました。パウロをはじめ初代教会の信仰者たちは、人間にとって苦難や試練は不可避的なものと理解していました。だから苦難や試練に積極的に立ち向かいそれを神の「摂理」として解釈していくと、それを打ち破る「出口」が神の配慮によって用意されているのです。

 教会が神の栄光を表す集団として成熟していくには、自己目的の集団として成長することから、この世のために教会がどの視座に立つかが問われて来るのではないかと思われます。福音は誰に向けられて語られているのか、謙虚になり、罪許された罪人の教会としてこの世で小さくされている弱い者の側に立つ時に、福音はこの世に浸透していくのではないかと思います。

 イエスによって示された「命を生きる」ということは小さくされている人々と重荷を分ちあい、人と人との関係の暖かさにつらなり、つなげていく生きかたです。キリスト者にとっては、神の愛を信じ、神に望みをおきながら、イエスに従う道を生きていくことです。

コメントは受け付けていません。