教会創立132周年記念礼拝 「主にある絆を覚えて」

ローマの信徒への手紙 10章8~15節
申命記 26章16~19節

 

 日本に会衆主義の伝統をもたらすこととなった海外宣教団体アメリカン・ボードは、Haystack Movement(干草の運動)と呼ばれる19世紀初頭の大学生たちの熱心な祈りをきっかけに生まれました。

 このボードの宣教師として帰国した新島襄が同志社英学校を創立した翌年の1876年、熊本から一群の学生たちが合流します。熊本洋学校でL.L.ジェーンズの薫陶を受け花岡山で奉教趣意書に署名した、信仰と伝道に燃える若者たちでした。強烈な個性を放つ彼らは、やがて “熊本バンド” と呼ばれるようになります。

 熊本バンドは、横浜バンド・札幌バンドと並んで日本プロテスタント三大源流とされますが、ほかにも静岡バンド・弘前バンドなど各地で信仰者の群れが起こされました。山崎為徳・片桐清治らの系譜は水沢バンドと呼びうるものだと考えます。いずれの群れにおいても、若者たちがキリスト教信仰を生涯の道として自覚的に選び取って行ったことに大きな特徴があります。

 彼らは共々に 9「口でイエスは主であると公に言い表し」、 9「心で神がイエスを死者の中から復活させられたと信じ」て福音を生きたのでした。そして15「遣わされ」て15「良い知らせを伝える者」となったのです。当教会にも連なる伝統の源流に、信仰を生き連帯の内に生涯を歩みゆこうとの熱心な信仰が息づいていたことを覚えたく思います。

コメントは受け付けていません。