「分断の力に抗して」

ルカによる福音書 9章49~56節
詩編 141編1~10節

 

 弟子たちが主イエスの名による権能を与えられたのは、人々を縛り支配する世の諸力、49「悪霊」から解放するためでした(9:1、10:17~)。ところがこれを弟子たちは、他者を排するために用いようとしたのです(49・54節)。47「子供」はけんかをしても仲直りができます。でも大人の縄張り争いの論理は敵意の垣根を増し、やがて流血の事態を招くのです。

 詩141編の詩人は悪意をもって攻撃してくる者に怒りを顕わにしつつも、同じ敵意と悪意に自らも陥ることを恐れて(3~5節)あなたの思いをもって私を満たしてくださいと祈るのです(8節)。私たちは敵対する者以上に、世と人に働いてこれを対立へと誘い分断していく諸力を警戒せねばなりません(エフェソ6:12)。

 主イエスは50「…逆らわない者は…味方」と言われました。神のわざ・聖霊は人の狭い了見を超え出て豊かに働きます。被災に立ち向かう中で、諸教派・グループの垣根を越えた協力・協働が生まれました。犠牲者を弔う奉仕をきっかけとして、仏教者とも協力しての傾聴ボランティアや相談室の働きも始まっています。10月からはラジオ番組 Café de Monk(Date fm 毎週土曜日8:00~8:25)も開始されます。

コメントは受け付けていません。