「その権威を与えたのはだれか」

ルカによる福音書 20章1~8節
イザヤ書 45章2~9節

 

 1「神殿の境内」とは、主イエスが商売人を追いだすという実力行使をなさった “異邦人の庭” のことです(19:45)。集うあらゆる人々に 1「福音を告げ知らせておられ」た主イエスのもとに、 1「祭司長や律法学者たち…長老たち」すなわちユダヤ教当局者たちがやってきて詰問したのです。 2「何の権威でこのようなことをしているのか。その権威を与えたのはだれか。」

 こう問う以上、彼らは正しい権威しかも神に由来する権威を帯びていると自負していたのでしょう。が主イエスの反問によって、それは怪しげになっていきました。洗礼者ヨハネを認めていなかった彼らの本心は、その 4「洗礼は…人からのものだった」です。が彼らは 6「民衆」を恐れて、 7「分からない」と偽ったのです。

 嘘・偽りにあって 2「権威」は自壊していきます。不適切な勤労統計の隠蔽問題、放射能汚染水をめぐる虚偽説明など、多くの嘘が満ちることによって私たちの社会がますます劣化・弱体化していくことを危惧します。

 もちろん主イエスの 2「権威」は神からのものでありつつ、ご自身はそれを主張されませんでした。それは主イエスの十字架の福音に代々の人々がいかに生かされてきたかに、自ずから示されています。

 使徒4章には、ペンテコステ後にペトロ・ヨハネが神殿で捕えられ、やはりユダヤ教当局者たちからその 2「権威」を問われたことが記されています。しかし二人は堂々と証しして、神に連なるその 2「権威」を垣間見せたのでした。

 今日の旧約に 5「わたしが主、ほかにはいない。わたしをおいて神はない。」と、すべての 2「権威」はここに発することが告げられています。そしてその神から命を分け与えられたものは、皆その一端を帯びています。分け与えられた自らのそして他者の尊厳を大切に、また尊重する私たちでありたく願います。

コメントは受け付けていません。