「石も叫び出す」

ルカによる福音書 19章28~40節
ゼカリヤ書 9章9~10節

 

 レント・イースターまで、主イエスのエルサレムでの宣教を振り返りたく思います。9:51以降、ガリラヤからの旅を続けてこられた主イエスと弟子たちは、ついに都エルサレムに到着したのでした。待ち受けていたのは、十字架の受難と死でした(18:31~)。28「イエスは…先に立って進」まれたことに、この最大の使命に自ら進まれたその決意が表されています。

 弟子たちの歓呼の中、主イエスは30「子ろば」に乗ってエルサレムに入城されました。それはこの方が「諸国の民に平和」(ゼカリヤ9:10)をもたらすために来られたことを意味していました。そして高まる賛美の声を押しとどめようとした人々に、この人たちを黙らせても40「石が叫びだす」だろうと主イエスは言われたとあります。

 当教会玄関横に、旧会堂正面に嵌め込まれていた壁石が置かれています。1914年の献堂当初 “DeForest Memorial Church” と刻まれていましたが、戦時中、敵性語を廃すべしとの圧力にあって教会はこの文字を削りました。ですからこれは、平和を求めきれなかった私たちの自戒の石でもあります。そうした思いも込め2007年に説明板を設置した際、平和を求める願いは絶えることなくついには40「石が叫びだす」だろうとのこの言葉を記しました。

 こうして主イエスは平和を求める叫び、賛美の歌声を祝し、ご自身のみ業へと向かわれたのです。このとき30「子ろば」そして40「石」をも用いられた主は、欠けを含む私たちをも祝し導き用いてくださるでしょう。

コメントは受け付けていません。