「もとの牧場に帰らせる」

エレミヤ書 23章1~6節
マタイによる福音書 18章10~14節

 

 南王国ユダの滅亡とバビロン捕囚の後、エレミヤが語った預言です。 1「災いだ」と処断されている 1「牧者たち」とは、王国末期の王たちのことです。正義を行わず私欲に走った彼らの姿は(22:13~30)、主を忘れ目先の利益・安定を求め続けたイスラエルの罪の象徴でした。こうした牧者たちを廃し、 3「このわたしが…羊を…もとの牧場に帰らせる」と主は宣言されたのでした。

 直接には、およそ半世紀後捕囚からの解放そして故国への帰還を実現された主のみ業の預言と解せます。のみならず、世界と生けるものの 6「救い」のため主自ら降られた降誕の出来事が指し示されていましょう。

 5「正義と恵みの業」とは正しくふるまうことにとどまらず、愛と真実をもって迷い誤った者をもついには正しい関係へと導き帰されるみ業を指しています。私たちにも向けられたこの主のみ旨を、主イエスは迷い出た一匹の羊を捜す牧者の譬で語られました(マタイ18:10~14)。

 この真の牧者が連れ帰られる 3「もとの牧場」とは、創造の原初に主が被造物に与えられた祝福のあり様です。課題と悩みを抱える世界と生けるものを祝福と平和に連れ帰るべく主は降誕を遂げられ、今も働いておられることを仰ぎましょう。

コメントは受け付けていません。