「御心に適うこと」

ルカによる福音書 10章17~24節
詩編 8編1~10節

 

 “あんた、生まれてくれてありがとう”。初代秘書だった宮嶋裕子姉は誕生日に電話で、三浦綾子さんからこう言われたのだそうです。多くの人がその作品に影響を受け信仰を導かれた三浦綾子さんですが、私が身近に接したご本人は北海道弁で喋る普通のおばさんでした。

 神の平和を指し示し分かちあうべく(5~6節)派遣された17「七十二人」が喜んで帰ってきたとき、主イエスは21「これらのことを…幼子のような者にお示しにな」ったことを神に感謝しました。ここの21「幼子」の原意は“言葉なき者”です。主イエスが宣教の器として選ばれたのは21「知恵ある者や賢い者」ではなく特別な言葉をもたない者たちでしたが、その彼らは町々村々の人々と神の平和を豊かに分かちあうことができたのです。

 詩編8編は 2「天」と 2「大地」の広がりにあって“私”がまことに微小であること、いっぽう他の誰でもない“私”として 5「御心に留め」られ 5「顧み」られていること、この人間の二つの側面を見つめています。そしてそれは知者・賢者の洞察ではなく 3「幼子、乳飲み子」が知っていることだ、と語るのです。

 かつて幼子でなかった人はいません。わが身にも盛られた恵みと平和を分かちあうこと、これが伝道・宣教の原点です。三浦綾子さんはこのことを追い求めて作品を紡ぎ続けられた方でした。

コメントは受け付けていません。