「あなたがたを遣わす」

ルカによる福音書 9章1~6節
エゼキエル書 28章25~26節

 

 ガリラヤ宣教の主イエスの許から派遣された 1「十二人」は、主に養われその恵みを広く分かち合うべくそれぞれの生活へと遣わされる後世の信仰者をも象徴していましょう。その派遣に際し、 3「何も持って行ってはならない」と厳しいことが告げられています。それは主なる神にこそ信頼し支えられるその大切さ重さを知るためだったでしょう。 1「力と権能」を授けられた 1「十二人」でしたが、時に無力をも露呈したのです(9:40)。まことの養い主イエスから派遣されたこと自体が、最大の 1「力と権能」であることを彼らは知ったのでした(22:35)。

 被災者支援センターエマオには東日本大震災発生以来これまでに9000名近いボランティアがやって来てくれました。その中には、何の見返りもない働きの中で大切な経験をし、自らの方向を見いだしていった若者もいます。

 併せ開いたエゼキエル書に、養われる民が26「ぶどう園を植え、安らかに住み着く」ことを通して、主なる神はご自身25「聖なることを…示す」とあります。26「ぶどう」は荒れ地にも育ちますが、良い実をつけるまで10年近くかかる作物です。生活に地道に向き合い取り組むこともまた、主の派遣に応え祝福にあずかる働きであることを教えられます。

コメントは受け付けていません。