「踊りの主」

ルカによる福音書 7章31~35節
サムエル記下 6章12~22節

 

 “笛吹けども踊らず”との諺は、今日の聖書の箇所から来ています。結婚式ごっこをしようと笛を吹きお葬式ごっこをしようと歌を歌ったのに、誰も応えてくれないと子どもが嘆いているというのです。主イエスはこれが31「今の時代の人たち」のあり様だと言われています。

 洗礼者ヨハネは自らも禁欲的な生活をし、人々に悔い改めを求めました(3:3~等)。主イエスは神の国の福音を説き、人々と親しく食卓を囲みました(5:30等)。が、30「ファリサイ派の人々や律法の専門家たち」は批判をするだけで、耳を貸そうともしなかったのです。

 批評をするばかりで腰を上げようとしないという点では、31「今の時代」はむしろ今日の様子に重なります。自らを中心に置いてものを見、他者の喜びや痛みに共感できない冷笑的なあり様に社会も私たちも影響されてはいないかと恐れます。

 今日共にする讃美歌290の原題はLord of Dance(踊りの主)です。“私は踊った、世界が始まったその朝に、…そして天から降りてきて、地上で踊った、ベツレヘムで…”と原詞にはあります。原初の創造の業に、降誕の出来事に、主イエスの言葉と業に、世を愛する神の熱い働きかけが込められているというのです。それなのに冷笑的に通り過ぎて良いのか、神の呼びかけに応え福音に生き、その喜びに踊る者とされよう、とこの讃美歌は歌っています。

 死をも打ち破り復活を遂げられた主イエスの踊りは、全被造物がその命を祝い共に踊るまで続きます。私たちもその命を、今日を喜び、踊りの輪に加わりましょう。

コメントは受け付けていません。