「むなしくは終わらない」

ルカによる福音書 7章1~10節
創世記 1章1~5節

 

 ローマ軍で100人程度の兵卒を指揮する 2「百人隊長」は、一兵卒が昇進していって就くことができる最高の階級であったといいます。 8「権威」そして命令は絶対という軍隊にあって、この 2「百人隊長」は厳しく苦しい経験を重ねてきたことでしょう。それでいて 2「部下」をこのように思いやり、さらには占領統治している 3「ユダヤ人の長老たち」から好意をもたれているのですから、その人格の高さが窺われます。

 が、その彼が自らを 7「ふさわしくない」と言うのです。キーワードは“言葉”(7・8節)です。 8「行け」 8「来い」 8「これをしろ」との軍隊の命令は絶対に果たされても、 2「病気」そして生死にあって自らの言葉はむなしく響かざるを得ないことを彼は噛みしめたのでしょう。そしてむなしくは終わらない言葉をください、と主イエスを依り頼んだのです。

 創世記冒頭の創造物語は 3「光あれ」との神の言葉に 3「こうして、光があった」、さらに与えられた言葉で世界のすべては創造されたと、神の言葉が無から有を生みすべてを成し遂げることを告げています。この神から主イエスは来られ、前章ではその言葉に聞きそして生きなさいと教えられていました(6:46~49)。

 どこかで破れざるを得ない言葉に生きる私たちは、確固たる言葉を必要としています。イザヤ55:8~は、そのような私たち一人一人も神の言葉によって派遣されそれぞれ使命を与えられていると告げています。それは私たちが破れを抱えつつも、それを繕って余りある神の言葉を帯びているということでもあります。

コメントは受け付けていません。