「安息日の主」

ルカによる福音書 6章1~5節
出エジプト記 20章8~11節

 

 1「安息日」は十戒で休息と神礼拝のときと定められたもので、金曜日没~土曜日没の一日がこれに当たります。11「六日の間に主は天と地と海とそこにあるすべてのものを造り、七日目に休まれたから」と神による天地創造がその根拠として挙げられています。そしてユダヤ人のみならず全ての人さらには家畜にも、言わば創られたすべての命がこの休息に与るべきと指し示されています。

 安息日規定はもう一つ申5:12~にもあり、ここでは15「あなたはかつてエジプトの国で奴隷であったが、あなたの神、主が力ある御手と御腕を伸ばして…導き出された」と出エジプトの出来事が根拠とされています。

 なぜこの日は10「いかなる仕事もしてはならない」とされるのか、それは命の基本的なあり方を思い起こすためです。仕事は何かを生み出し手にするためになされます。でも“持つ”ことが命を保障するのではありません。それに先立ち命は与えられ救われて“在る”のであり、この基本を忘れるとき命は根拠を見失い隷属に逆戻りしていくのです。

 ところがこうした伝統を受け継いでいるはずの 2「ファリサイ派」の人たちは、弟子たちのしたことは収穫・脱穀にあたるから律法違反だと見咎めたのです。こうした変質を主イエスは嘆きつつ、 5「人の子は安息日の主である」と言われました。この言葉をどのように受け止めたらよいでしょう。主イエスは、安息日がすべての人の祝福と解放の日であることを宣言されると共に、その平和に人々を呼び帰すためにご自身 5「人の子」として降り立たれたのでした。この主を仰ぐ信仰者たちはのち、主が復活を遂げられた日を安息日・主日としました。

 ここの 5「人の子」との言葉はすべての命をも指していましょう。私たちも主日の礼拝において命が主なる神の恵みと救いの内に置かれているその基本を確かめ、一週の旅路へと出発するのです。

コメントは受け付けていません。