同志社高校礼拝 「私はここにいます」

サムエル記 上 3章1~10節

 

<地球の真ん中>

 私は東北、仙台の教会から来ました。教会は市内にありますが、車で1時間ほど離れた太平洋岸に研修所を持っています。海に面した岬の上に立つログハウスです。ここの岬に立つと、太平洋の水平線が広がります。そして、その水平線はほんの少しカーブを描いていて、地球が丸いのだということを実感させてくれます。

 以前、教会は幼稚園を運営していて、年に一度子どもたちとここに泊まりに行って、岬で話をしました。“地球は大きいね。そして “私”というのはほんとうに小さいね。あの水平線を見るとよくわかるね。でもちょっと考えてみて、みんなは地球の真ん中に立っているんだよ。”わかりますか?。地球はボールのように丸いのです。だから、どこにいてもそれは地球の真ん中になります。地球上に生きている人で、地球のはじっこに立っている人はいません。みんなが必ず真ん中に立っているんです。そう“私”は確かに小さい小さいけれど、でもその小さな“私”は地球の真ん中に立っています。

<今日の聖書で>

 さて、今日の聖書を開きましょう。

 神殿、今でいえば教会のようなところに寝泊まりしていた少年サムエルは、夜中、呼ぶ声を聞きました。「サムエルよ」。エリ先生に呼ばれたと思ったサムエルは、先生のところへ急ぎました。「お呼びになったので参りました」。ところがエリ先生は「はて、わたしは呼んでないぞ。戻っておやすみ」。と言うのです。不思議に思いながら戻って休むと、再び声がしました。「サムエルよ」。再びサムエルは先生のところへ急ぎました。「お呼びになったので参りました」、「いやいや、わたしは呼んでいない。戻っておやすみ」。でもやっぱり三度めにサムエルは呼ばれたのです。「サムエルよ」。「先生、お呼びになったので参りました」。「えぇい、さっきから呼んでないと言っとるじゃろが!・・・。いや、ちょっと待てよ。サムエル、お前を呼んでいるのは主なる神さまご自身かもしれん。もし四度目に呼ばれたら、『主よ、お話しください。しもべは聞いております』と言ってごらん」。

 サムエルが戻って休むと、四度目に声がしたのです。「サムエルよ」。サムエルは答えました、「主よ、お話しください。しもべは聞いております」。ここから、サムエルが主なる神さまに用いられつつ、新しい時代を切り開いていく物語が始まりました。

<自分探し>

 神さまは、サムエルの名前をくり返し呼びました。他の誰でもないサムエルだからできる働きを託すために、神さまは呼ばれたのです。サムエルははじめ気づきませんでしたが、ついには「どうぞお話しください。僕は聞いております。」と神さまに向き合うことができました。

 この私だからできること、世界の真ん中に立つこの私にこそできること、これを見つけることを“自分探し”といいます。サムエルは失敗も含めた自分探しの中で、神さまから大切な働きを受け取っていったのだと思います。

 皆さんは今、高校生というとても大切な時を歩んでいます。もう40年前のことですから大昔話ですが、高校時代私は多くのよき友人を得ました。友人たちと時に楽しく、時に真剣にやり取りした中で私は二つのことを知りました。一つ目は “私は世界中の誰とも違う私だ”ということ、そして二つ目は“私は信頼できるつながりにあってこそ私になれる”ということでした。これが私の出発点となりました。

 サムエルの物語から受け取ることができるメッセージを、三つ挙げたく思います。

 ひとつ目。サムエルがそうであったように、私たちにも神さまは繰り返し声をかけその名を呼ばれているのかもしれません。但し、それは夜中に名が呼ばれるという仕方とは限りません。友だちとのやり取りの中で、学校の授業や経験を通して、大切なこのことに気づきなさい、世界で一人のあなたでありなさい、と既に呼びかけられているかもしれません。

 ふたつ目。神さまの呼びかけに向き合い正しく受け取るまでには、失敗・試行錯誤があり得るし時には必要かもしれない、ということです。「お呼びになったので参りました」とサムエルは三度間違いを繰り返しました。でもそれは正しい路を選び取るのに必要なことだったのです。

 みっつ目。サムエルにはエリ先生というよき導き手がいました。私たちは他者とのつながり・やり取りの中で、“わたしはここにいます”と自らの位置を確かめ、「どうぞお話しください。僕は聞いております。」と神さまに向き合うことができるようにされていきます。

 高校の時代は大切な自分探しの時です。世界の真ん中に立つあなたには、あなただからできる大切な働きがあるはずです。すぐには見つからないかもしれません。必要な失敗もあるかもしれません。それを経て“わたしはここにいます”と自らを見出すとき、世界の真ん中に立つあなたの働きが、その道が始まっていくのです。

 よき高校生活を歩まれるよう、お祈りします。

コメントは受け付けていません。