「あなたがたは時を知っている」

ローマの信徒への手紙 13章11~14節
イザヤ書 2章1~5節

 

 震災発生8ヶ月余を経て、なおこの時代と地域とは震災のただ中を歩み、その道がいつまで続くのかはよく見えません。そうした中で、教会暦が改まるアドベント(待降節)を迎えました。

 今日の箇所11節には二つ「時」の語が現れますが、前者は神の歴史に位置づけられた時を指すカイロス、後者は現実世界の時を表すホーラと原語では使い分けられています。即ち今がどういう時でなにを為すべきかは、神の歴史に照らしてこそリアルにわかる、と語られているのです。

 福音にあって、神の歴史は希望と完成に向かうと告げられています。だから12「夜は更け」12「闇」が覆うように見える世にあっても、私たちは13「日中を歩むように」進みたく願います。

 大国の軍事力の脅威に人々が右往左往したB.C.7世紀、預言者イザヤも強烈に 2「終わりの日」の姿を預言し、その 5「主の光の中を歩もう」と語りました。諸力相い働くこの今に 4「剣を打ち直して鋤とし、槍を打ち直して鎌とする」その時を仰ぐことは非現実的でしょうか。決してそんなことはありません。この言葉は、ニューヨークの国連本部ビル前の壁に刻まれています。

コメントは受け付けていません。