「人間をとる漁師」

ルカによる福音書 5章1~11節
エレミヤ書 16章16~18節

 

 神の国の宣教を始められた主イエスが、 8「シモン・ペトロ」10「ヤコブ」10「ヨハネ」らガリラヤ湖の漁師を弟子に召された場面です。10「恐れることはない。今から後、あなたは人間をとる漁師になる。」との主イエスの呼びかけに、彼らは11「すべてを捨ててイエスに従った」のでした。いったい何が彼らを動かしたのでしょう。

 主イエスは彼らのことをしっかりと 2「ご覧になっ」ていました。彼らが徒労感の中で 2「網を洗っていた」こと、おそらく 5「夜通し苦労」したのに全くの不漁であったことなどをです。その後 3「舟から群衆に教え」られたとき一番そばにいながら必ずしも聞いていなかったシモン・ペトロに、主イエスは彼らの生業である 4「漁」を通してみ業を顕わされたのでした。

 10「人間をとる漁師」との表現には、併せ開いた16「見よ、わたしは多くの漁師を遣わして、彼らを釣り上げさせる…わたしの目は、彼らのすべての道に注がれている」との旧約の言葉が響いています。ここには人の18「罪と悪」を見逃すことなく、ついには救いに導かれる主のみ業が語られています。

 彼らはそのような眼差しでこの私をも見つめ召される主イエスに出会い、そのような神の漁へといざなわれたのです。ここから始まった彼ら10「人間をとる漁師」の歩みは大いなる充実と祝福に溢れたものとなりました。シモン・ペトロは種々の失敗や挫折を経験しつつもそれらを凌駕する赦しと派遣を繰り返し与えられ、主に従う生涯を全うしました。同様に主に捉えられて従い、その生涯を充実の内に歩んだ多くの信仰者を私たちは知っています。

コメントは受け付けていません。