6月のおたより

 5月29~30日(火~水)、2018年度の東北教区総会が開かれ、当教会より小西牧師・H兄、教区教会婦人委員長としてK姉が出席しました。

 今年は例年の来賓のほか、台湾基督長老教会嘉義中会より4名の牧師が出席されました。今総会で、東北教区と同中会との間で宣教協約を結ぶ議案が取り上げられたためです。この議案は2日目に審議され可決、その場で協約の取り交わしがなされました。

 日本キリスト教団と同教会は1963年に宣教協約を結び、主にある協力を重ねてきました。2011年東日本大震災が起こった際、同教会は繰り返しボランティアを派遣くださり、その人数は延べ268名にのぼりました。こうした中から、台湾の南西部に位置する同教会嘉義中会との出会いが与えられ、相互訪問するなど交流を重ね、今回の宣教協約締結に至ったのです。

 協約には、一人の主にあって過去を振り返り今を分かち合い将来を展望すること、互いの理解を深め協力して宣教に向かうこと、原発事故の反省に立ち被造世界の保全を目指すことなどが盛られています。今後、青年や婦人層などより具体的な交流が深まることが期待されます。

 この宣教協約とは別ですが、当教会青年のY姉がこの8月教団主催による台湾での青年交流に参加されることになりました。主のもとにある交流・共働が豊かに祝され、意義深く進められていきますように。

コメントは受け付けていません。