子どもの日・花の日合同礼拝 「子どものように」

列王記下 5章1~14節

 

 1「ナアマン」は、イスラエルの仇敵アラムの軍司令官です。家には、かつて戦乱の際捕虜としたイスラエルの 2「少女」がいました。 1「重い皮膚病」を患っていた彼はこの少女の助言を得て、預言者エリシャによる癒しを求めてイスラエルに赴く決意をします。

 彼は地位もあり、重用されていたのでしょう。アラム王からイスラエル王への親書も得、外交使節のようにやって来たのでした。が、策略が企まれているに違いないと、イスラエル王はこの求めを拒絶してしまいます。

 ナアマンはエリシャの家を直接訪ねました(9節)。が、エリシャは顔を合わせようともせず、10「ヨルダン川に行って七度身を洗いなさい」との伝言を与えただけだったのです。怒ったのはナアマンでした。この無礼でいいかげんな対応は何かと憤慨し立ち去ろうとした彼でしたが、家来たちがこれをなだめ思い留まらせました。ナアマンが14「神の人の言葉どおりに」軍服や武器そして心の鎧をも脱ぎ去ってその身を14「ヨルダンに七度浸した」時、体は14「小さい子供の…ように」清くされたのでした。

 このお話では、体面や駆け引きまたプライドに縛られる人のあり様と、2「少女」や14「神の人の言葉どおりに」したナアマンの姿が対比されています。14「小さい子供」のようなあり様が主の前にむしろ尊く、敵味方の壁をも乗り越えさせると告げられています。

コメントは受け付けていません。