「新たな旅路へ」

使徒言行録 9章10~19節
創世記 50章15~21節

 

 ヨセフ物語は20「あなたがたは…悪をたくらみましたが、神はそれを善に変え…救」いをもたらされる、との言葉で閉じられます。数々の愚かを重ね断絶を招いたヤコブの一家を、神は人の思いを超えるみ業をもって和解と祝福に導かれました。そしてその生けるみ手はその後も神の民に伴い、これを導いていると物語は告げているのです。

 今日開いた新約に現れる10「アナニア」と11「サウロ」も、厳しい断絶のこちら側と向こう側に立っていました。サウロはファリサイ派に立つ熱心な「教会の迫害者」(フィリピ3:6)であり、アナニアはこの時狙われていたダマスコの教会メンバーであったからです(2・10節)。ところが二人はそれぞれ、思いがけない生ける神の働きに捉えられました。サウロは激しく迫害を加えていた 5「イエス」こそが、熱心に従ってきたわが 5「主」であることをはっきりと示されました。そしてアナニアはあろうことか仇であるはずのサウロを訪ねて癒せ、15「行け」と有無を言わせず押し出されたのです。およそ理解そして承服し難い思いだったろう彼がそれでも従い17「兄弟サウル」と呼びかけたとき、二人の間の「敵意という隔ての壁」(エフェソ2:14)は崩されたのです。18「目からうろこ」の体験をしたのはサウロだけではありませんでした。アナニアも、そして教会も人の思いを超えゆく聖霊の働きとそれに応えた者たちの手助けによって、断絶から和解へと導かれたのです(26~28節)。

 人の罪、その頑なさはどの時代にも対立と断絶を生んでいます。が、それを超えゆく生ける神の働きがある、このことに励まされ導かれて歩み行きたく願います。

コメントは受け付けていません。