ペンテコステ礼拝 「派遣そして同行」

創世記 45章25節~46章7節
コリントの信徒への手紙 二 4章7~15節

 

 帰還した息子たちから26「ヨセフがまだ生きています」と知らされた父ヤコブは喜びに溢れ、再会を願いました。が彼には、祖父アブラハム・父イサクから受け継いだ約束の地を離れて良いのかとの迷いがあったはずです(28:4・13~15)。そうした彼に神は、エジプトへ下ることを恐れるなと告げられました(3節)。 4「わたしがあなたと共に…下り、わたしがあなたを必ず連れ戻す」との呼びかけに、ヤコブは若かりし頃旅立った際に聞いた神の言葉(28:15)を思い起こした筈です。まことにその約束に違わずわが人生が主のみ旨とみ業の内に置かれていることに信頼し、晩年にして新たな世界へと 5「出発した」のでした。

 エジプトでファラオと会見したヤコブは自らの流転の歩みを振り返りつつ、その生涯を「旅路」と語っています(47:9)。この言葉には、貧しい「土の器」(Ⅱコリント4:7)のような生涯にも神が大いなる祝福を盛ってくださったとの感謝、そしてやがてはその神に帰り着くとの信頼が込められていましょう。

 今日は、この神のみ旨が今も生きて世界と私たちを導かれることを仰ぐ聖霊降臨日です。小さな私たち一人一人もこの主なる神からそれぞれの旅路へと派遣されていること、そしてこの生ける方の同行にあって日々を歩み得ていることを心に刻みたく願います。

コメントは受け付けていません。