4月のおたより

 先月、皆さんに週報をお送りしたその翌日、教会員のK姉が急逝されました。前日、朝の教会学校から主日礼拝、お昼の離仙者を送る会、夕の南地区礼拝と快活にお過ごしでしたのに、翌朝眠ったまま天に召されました。あまりに突然で、お若い召天に、教会のみんなはひと月経った今も落胆をかかえています。ましてやご家族のご心痛を思います。主の慰めと支えとを求めます。

 総会資料にも記しましたが、震災発生2年余を経て、皆の中に疲れやダメージがたまっているのではないでしょうか。それはこれからも続く東北全体の課題です。私たちは自分たちの力だけでこれを乗り越えることはできないでしょう。十字架で私たちの弱さ・破れを担われ、復活を遂げて私たちを希望へと導いてくださる主イエスを仰ぎ、励ましと平和を分け与えられたい、そう願います。

 

 さて、ふたつの旅のお知らせをします。

 四季の会は、5月10~11日(金~土)震災被災地である石巻・女川・雄勝を巡る「5月の旅」を実施します。教会まで、お申し込みをお待ちします。

 また会衆派教会の交流団体である同信伝道会は、7月5~6日(金~土)に大河ドラマ“八重の桜”の舞台、会津若松を辿る「新島襄・八重の桜ツアー」を実施します。東北から関西の関係教会から120名が集まって学ぶと共に、主にある交わりを深めようとの企画です。詳しくは、当教会までお問い合わせ下さい。

コメントは受け付けていません。