「主が共におられた」

創世記 39章1~9節
コリントの信徒への手紙 二 8章1~7節

 

 17歳で(37:2)エジプトに奴隷として売られたヨセフは、主人ポティファルの信頼を得て重用されました。が、その妻の誘惑を拒んで監獄に送られることになります(20節)。その監獄の中でファラオの家来たちの夢を解いたことから(40:8~19)、その後ヨセフはファラオの見た不思議な夢を解くべく召し出されます(41:1~14)。それは7年の豊作と7年の飢饉の訪れを告げるものだと見事解いたことによって、ヨセフはエジプトの宰相に任じられるのです(41:15~46)。

 一見、とんとん拍子の物語に思えます。このときヨセフは30歳になっていました(41:46)。奴隷と獄中の期間が13年あったということです。そうした逆境の時代を記す39章で創世記は 2・3・21・23「主が…共におられた」と重ねて記すのです。物事がうまく進むときにだけ主が共におられるのではない、むしろ悩みたじろぐあなたを主は支えられるのだと告げられています。

 ユダヤ人教会と異邦人教会をつなぐ献金運動を呼びかける書簡でパウロは神の 1・9「恵み(カリス)」について語っています。原文ではこの章に、同じカリスとの語はあと4回出て来ます。 4・6・7「慈善の業」20「募金」です。私たちは恵みとは豊かになること、慈善や募金は貧しくなることと考えていないでしょうか。でも受けるときにも出すときにも、そこには 1「神の恵み」があるのだと指し示されています。

 物語で主に支え導かれ、救いを得たのはヨセフだけではありませんでした。飢饉に備えたためにエジプトや近隣の民が(41:56~57)、さらには父ヤコブや兄弟たちもが救われたのです(42:1~)。私たちは大いなる主のみ旨・み業の内に置かれています。

コメントは受け付けていません。