クリスマス礼拝 「朗報を伝えた者」

ルカによる福音書 2章8~20節
イザヤ書 52章7~10節

 

 2週続けて、救い主の母となるとの選びを受けたマリアの姿を見てきました。しかしその「聖なる者、神の子」(1:35)の誕生に際して、十分な場所も与えられず(7節)、天使も天の軍勢も現れることはなかったのです。

 ところがその晩遅く、馬小屋を羊飼いたちが訪れました。彼らは10「民全体に与えられる大きな喜びを告げる…あなたがたのために救い主がお生まれになった」と天使に告げられたこと、天の軍勢が“天に栄光、地に平和”と賛美したことを語ったのです。こうした証言者を与えられて、マリア・ヨセフはどれだけうれしかったことでしょう。さらに18「マリアはこれらの出来事をすべて心に納めて、思い巡らしていた」とあります。

 イザヤ52:7~に「いかに美しいことか、山々を行き巡り、良い知らせを伝える者の足は」とあります。これはB.C.6世紀、捕囚からの解放を知らせる伝令のことでした。いずれにしても、サンダル履きで「山々を行き巡り…伝える者の足」は汚れて傷ついているに違いないのですが、預言者はそれを「美しい」と語りました。

 クリスマスの晩、朗報をまず伝えられ、そして証言したのは粗野で不潔と疎んじられていた羊飼いたちでした。でもそこにはマリアが思い巡らしたように、今や主なる神が小さな一人一人のところに降りて来て友となられ、平和を告げられるのだとの喜ばしいメッセージが込められていたのです。

コメントは受け付けていません。