2月のおたより

 1973年の移転当時、当教会の住所は「荒巻字カケス塒(とや…ねぐらという意味)5-129」でした。このことから、当教会の機関紙は「カケスだより」と名づけられました。

 さて、次の72号からは当教会出身の牧師さんたちからの寄稿が連載されます。第1回は、K牧師とH牧師がご担当くださるとのこと。楽しみですね。

 そして今春、出身教職が加わります。東日本大震災を機に洗礼を受けられ、献身されたTさんが同志社大学神学部大学院を卒業して牧会に出られます。Tさんは3月7日に同級生のNさんと結婚され、揃ってY教会の伝道師にご着任予定です。いっぺんに結婚・卒業・引越・着任はたいへんですが、それだけ何倍もの喜びということですね。歩みが、お働きが豊かに祝され導かれますよう、お祈りします。

△ 教会学校教師会に二人をお迎えしました

コメントは受け付けていません。