「荒れ野で」

マルコによる福音書 1章1~8節
申命記 8章1~10節

 

 3・4「荒れ野」とは野草や灌木しか生えない未耕地のことで、35「人里離れた所」とも訳されています。そうした荒れ野で洗礼者ヨハネは 4「悔い改めの洗礼」を宣べ伝えました。主イエスは宣教の働きに入られる前に13「四十日間…サタンから誘惑を受けられ」ましたし、しばしばそうした場所で祈られました。それは何故だったでしょう。

 出エジプトの指導者モーセは民に 2「四十年の荒れ野の旅を思い起こ」させ、それは 3「人は主の口から出るすべての言葉によって生きることを…知らせるため」だったと告げました。ヘブル語で 2「荒れ野」を意味する言葉の語源には“語る・告げる”との意味があります。人が寄りつかない荒れ野は人が神と出会い、その言葉を聞き、向き直って歩み出す場所なのです。 “荒れ野の40年” は、約束の地で神の民として再出発する上で必要な期間・経験でした。

 レント(受難節)は灰の水曜日からイースターの前日までの40日間と6つの主日から成る期間であり、主の十字架を想起し悔い改めを覚える時です。 4「悔い改め」とは単に反省することではなく、神の許で方向転換することです。このことは、私たちも虚心に神の言葉に聞き歩みを確かめ再び歩み出すことの必要・大切さを指し示しています。

コメントは受け付けていません。