「忍耐強く走り抜こう」

士師記 16章15~24節
ヘブライ人への手紙 11章32節~12章2節

 

 サムソンの物語(13~16章)は、桃太郎といった昔話のようにユダヤ人の間で語り継がれてきたのでしょう。彼は「ペリシテ人の手からイスラエルを解き放つ救いの先駆者」(13:5)との使命を担う者として誕生し、聖別された17「ナジル人」として成長します。生まれてこの方17「かみそりを当てたことがない」その長髪には、神に与えられた怪力が宿っていました。

 「彼は…二十年間、士師としてイスラエルを裁いた」(15:20)とありますが、物語の中の彼は自分勝手に振る舞い、託された力をただ浪費しているように見えます。両親に逆らってペリシテ人の娘と結婚しますが(14:1~)、宴席での余興で負けると腹いせにペリシテ人を30人打ち殺します(14:8~)。さらには妻とその実家とも不仲になった仕返しに、尾を結び合わせ燃える松明を括りつけたジャッカル300匹を放って畑を焼き尽くし人々の怒りを買った上で(15:1~)、ペリシテ人を千人打ち殺すのです(15:9~)。

 やがてペリシテの遊女デリラを見染めたサムソンは、彼女に求められてついに髪の秘密を17「一切打ち明け」てしまいます。髪をそられたサムソンはペリシテ人に捕えられ、目をえぐられ、奴隷とされます。しかし22「彼の髪の毛は…また伸び始めて」いました。見せ物として引き出されたサムソンは建物の柱を両腕に抱えてへし折り、三千人以上のペリシテ人を道連れに果てたのでした。

 この物語をどう読めばよいのでしょう。多くの力を恵みを与えられながら、期待と全く異なる仕方でそれらを浪費するこの世への風刺とも受け取れます。ある随想では22「また伸び始め」た髪とは祈りのことではないか、愚かさと破れを経験しても人は神の前に祈って再び立ち上がることができるのだと指し示されていました。

 併せ開いた箇所で、32「サムソン」も偉大な33「信仰」者の一人に数えられています。破れある人間でありながら、神の力を帯びて勝利し、また苦難をも味わったというのです。私たちはこうした 1「証人」たちに囲まれ、さらには 2「信仰の創始者また完成者であるイエス」との出会いを与えられているのだから、 1「すべての重荷や絡みつく罪をかなぐり捨てて、…定められている競争を忍耐強く走り抜こう」、こう呼びかけられています。

コメントは受け付けていません。