新年礼拝 「カイザルのものはカイザルに、神のものは神に返しなさい」

マルコによる福音書 12章13~17節
申命記 10章12~22節

 

 本日の説教題は、17節の口語訳によります。カイザル(カエサル)はもともと固有の家族名でしたが、やがて歴代のローマ皇帝の称号となっていきました。対立が深まりイエスを殺そうと考えていた人々(3:6、11:18)は、一計を案じ問うたのでした。14「皇帝に税金を納めるのは、律法に適っているでしょうか」。これはローマ帝国から課されていた人頭税のことで、ユダヤ人には占領国への従属を象徴するものとして悩みの種となっていました。14「納めてはならない」との答を引き出せば反ローマ主義者としてイエスを告発できる、14「納めるべき」と言えば民衆は離反する、そうした15「下心」が込められていました。

 このとき主イエスは、17「カイザルのものはカイザルに、神のものは神に返しなさい」と言われたのでした。これは一見納税を是認したように見えて実は、皇帝はあなたたちはそして誰もが本当に17「神のもの」を17「神に返し」ているかとの深く鋭い問いかけの言葉です。

 14「見よ、天とその天の天も、地と地にあるすべてのものも、あなたの神、主のものである」と告げられています。殊に人間は神の像として、そしてそれゆえに応答責任を帯びた者として造られていると聖書は語ります(創1:27)。世界も歴史もさらに私たち自身も17「神のもの」であり、大いなる恵みのもとそれらの一部を委託されて私たちは今を歩んでいます。これらの聖書の指し示し、そして主イエスの問いかけを今日の世界と私たちは心して聞かねばならないでしょう。17「神のもの」を経済・国家・主義主張…で支配し、私物化しようとする諸力が跋扈している時代だからです。

 15「デナリオン銀貨」には、ローマ皇帝の16「肖像と銘」が刻まれていました。それ以前に、この年に世界にそして一人一人に“神の像”がしっかりと刻まれている、そのことを心して与えられた2018年に踏み出したいと願います。

コメントは受け付けていません。