「空き家にするな」

ルカによる福音書 11章14~26節
申命記 6章4~12節

 

 2月11日の“信教の自由を守る日”集会の準備を進める中で、今日の社会状況について考えさせられています。分析し始めれば切りはありませんが、既存の利益を守ることだけに汲汲としてこの社会に何を盛るのか考えることを置き去りにしてきたことによる空洞化、いっぽうそれを埋めようとしてのことなのか、憲法の示す基本的人権すら踏み越えようとする政治のポピュリズム化という危機が今日広がっているように思います。

 今日開いた箇所は14「悪霊」という古代の思考をとりながら、なお今日の私たちにメッセージを発しています。その人がしっかり立ち行くかどうかはどう守るかではなく、何を満たすかによる。内を空き家にすればもっと悪しきものが住み着くかもしれない(24節~)。また、単に強い者を迎えればよいのではない、何故なら22「もっと強い者が襲って」かもしれないから。真に権威あるものを迎え、内に満たしうるかが問われています。主イエスは20「神の国」の権威と力で人々を解放し、満たされました。

 これらのメッセージは、今日の社会をも問うものではないでしょうか。民意という名の人気があれば、憲法の枠すら踏み敷きうるとの風潮に危惧を覚えます。国の骨格たる憲法と、その骨格に何を盛るのか、じっくり考える必要を感じます。

コメントは受け付けていません。